2017年06月26日

議事速記が必要な議会にも変革の流れが来ています。

こんにちは。大田区議会議員 岡 高志です。
今日は定例会の最終日で、これから本会議が開催されます。

今年度は、私は議会運営委員会の委員をしていますので、議会の細かいところの改善にも力をいれます。

議会はとても公式な場なので、議事録をきっちり作成しなければなりません。WEBでも公開されています。
議事録は正確性だけでなく、迅速性も求められます。
例えば、議案審査を委員会で行いますが、その審議過程のサマリーを本会議で報告しなければならない。議案審査に係る質疑応答を文字起こししてサマライズするのは、けっこう時間と労力が必要です。

そこで、大田区議会では昨年度からリアルタイム文字通訳 e-ミミを一部の委員会で試行実施しています。沖縄に、速記者さんがスタンバイして、大田区議会の端末に文字起こしをリアルタイムで送るものです。聴覚障害の方が傍聴される際の情報保障にもつなげることができる仕組みです。

これまでの大田区議会での議事録作成は、
株式会社 澤速記事務所と契約しまして、本会議では速記者を議場に派遣、委員会では音声データからの議事録の作成をしていただいてます。

リアルタイム文字通訳 e-ミミ を運営する
株式会社アイセック・ジャパンには、昨年度から一部業務の委託をしています。同社ホームページによれば、標準価格は、会議1時間あたり 5万円。全ての会議に導入しようとすると、けっこうな金額がかかりそうです。

こんなことをWEBで書いてますと、当然にあるご指摘は、
音声認識アプリを使うべし!!

地方議員仲間の新宿区の伊藤陽平議員から
UDトーク

をおすすめいただきました。


どういった仕組みが最適なのか、議論してまいります。

大田区議会では、議会のICT化も推進しようとのことで、全議員にiPadを貸与して会議資料の閲覧に供しています。
いままでは傍聴される人には(物理的な制約があって)会議資料が提供されないのですが、これからは会議資料やリアルタイム文字通訳も提供できるようにしたいです。

そうすると、私がいままで
自分の出席した委員会の議事をマメにブログにアップしてきたことも必要なくなるでしょうね。

議会のICT化についても、私は大田区議会ICT化調査・研究会の一員でありますから、デジタルネイティヴ議員(?)としてよりよい方向に推進してまいります。

7D237D7D-1011-41B7-AD3F-7CD22E3D6366.jpg



posted by 岡高志(大田区議会議員) at 09:00| Comment(0) | 選挙制度・議会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

2017年都議選がはじまりました!最大選挙区 世田谷区と大田区の比較

こんばんは。
大田区議会議員 岡 高志です。

4年に一度の東京都議会議員選挙がはじまりました!

昨年の小池百合子知事就任以来、大きな政治イベントになると私は注目してきましたけど、
貴方はどうですか?
選挙としての関心はいまひとつ高まってないと感じます。

なんせ掲げる政策は各党大差ない。

下の政策比較表は、各党の公約からまとめました。

23D853EE-751B-49F7-A8C2-EFDE50CF3133.jpg

話題だった卸売市場問題は、先日、小池知事が玉虫色の提案をしてしまったので、短い選挙戦では議論にならなさそう。

それ以外の政策はホント大差ない。
その他のところは個性あふれるものの、
自民党は減税を掲げても絶対やらなさそう、
民進党は定番のバラマキ、
共産党の最低賃金1,500円はよい提案だけどやっぱり共産党の政策でしかない。



それでも、有権者の貴方には是非とも投票に参加していただきたい。

そこで、世田谷区と大田区の登場人物(立候補者)を簡単に解説します。
ストーリーがいまひとつでもキャスティングで選挙を楽しんでみましょう。

世田谷区と大田区は定数8の最大選挙区
立候補者は、世田谷区18人、大田区15人。

世田谷区は18人のうち、初日の夕方に近所の掲示板で確認できたのは、15人。マック赤坂さん貼ってません。
B7AB5A5F-F290-406A-88FA-3579A9F7F510.jpg

顔ぶれは、自民3、都民ファースト2、公明1、共産1、民進1。
民進が数日前に元職の関口太一さんを降ろして一本化したりで各党1議席を堅持しそうで、波乱なく定数8に到達しそうな気配です。

でも、波乱要素はありまして
自民の現職3人のうち大場さんは選挙基盤が弱いからか、自民党会派を離脱して小池知事に近づこうとしたものの自民公認のまま。自民組織からの支援も弱まっています。
都民ファーストの木村さんは小金井市選挙区の現職都議で、大場さん同様に自民会派を離脱して、都民ファーストの公認を得たものの、なぜか世田谷区に転出。

ここに、都民ファースト推薦の生活者ネットワークの岡本さんが飛び込むかどうか。
もしくは、大阪の改革派日本維新の会が飛び込むか。
元祖改革派の行革110番後藤雄一さんが復帰か。


大田区は候補者14人と少なくなります。ほぼ全ての掲示板に全員貼り出されまして激戦区の様相。
(と思いましたら、無所属新人候補が15番目にいました。6/24追記)
235D0DC3-B46E-4148-94CB-5CD896E655AC.jpg

顔ぶれは、自民3、都民ファースト2、ここまでは世田谷区と変わらないけど、ここは、公明2、共産2、民進1、日本維新の会1は現職。
この11人から3人落選します。
党によっては、ここで落選すると、都議会全体で議席を失う可能性もあるので、国政選挙並みの支援があります。

なお、地方議員ゼロの会の代表が大田区で立候補されてます。
私は地方議員の1人として絶対にオススメしません。





posted by 岡高志(大田区議会議員) at 22:40| Comment(0) | 選挙制度・議会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽田空港近接の工場跡地6haのその後

羽田の大規模工場跡地として、地元の話題となっていた羽田旭町のクロノゲートの北側の土地の開発方針が示されました。

232BAA93-E4CB-4E6D-8220-8D596BE06777.jpg
(画像はGoogle Mapsから)
真ん中にヤマト運輸の物流ターミナル クロノゲート。屋上にクロネコマークがあるのが可愛い。
その北側(更地になってる)土地を、三井不動産が2015年6月に鹿島から信託受益権で取得。
(68,000m2を300億円で取得との当時の報道。)
ちなみに、鹿島はクロノゲートになった土地を含めて一体開発を模索していたらしいのですが、クロノゲートの土地の前主である荏原が2008年にヤマト運輸に売却したことで挫折したといった経緯もあります。


今回、三井不動産は、土地の
北側を物流施設、
南側はANAの総合トレーニングセンターとして整備します。

地元区である大田区は、
区道の付替えの協力をする一方で、
物流施設内に、産業支援施設を設置、
東側の海老取川沿いには散策路を整備してもらいます。
A5FEE6B9-DB0A-4AC1-BE18-22027128555E.jpg

また、ANAの総合トレーニングセンターと旧整備場地区へのアクセスのために連絡通路が架橋されて、一般の利用にも供用されます。
ほかにも、ANAの総合トレーニングセンターでは、一般向けに見学・体験もできるそうなので、楽しみです。
9AD354EB-9345-4084-8AEB-7BD768F2B84F.jpg
(画像はANAのプレスリリースより)


大田区の新しいランドマークとなりそうな案件なので、備忘を兼ねてまとめておきました。




posted by 岡高志(大田区議会議員) at 09:00| Comment(0) | まちづくり・交通・環境・防災・防犯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

2017年都議選の動向(主に大田区)

7月2日は東京都議会議員選挙の投票日。
昨年11月のブログ2017年都議選の展望〜小池新党の影響はどう出るのかでも争点、候補者、得票見込みをまとめました。

ようやく候補者が出揃ったので、改めて選挙の動向をまとめます。

【立候補予定者の動向】
大田区選挙区は 定数8
政党の現職・公認候補予定者がでそろっているので、以下記載します。
鈴木あきまさ (自民党)
4期
神林茂 (自民党)
3期
鈴木あきひろ (自民党)
3期
藤井一 (公明党)
6期
遠藤守 (公明党)
3期
やながせ裕文 (維新)
2期、元・民主党

==========ここまで現職===========

藤田りょうこ (共産党)
新人、かち佳代子都議の後継、大田病院看護師
佐藤伸 (共産党)
新人、区議
もり愛 (都民ファースト)
新人、元区議、希望の塾生、元民進党で2016年補選落選
栗下善行 (都民ファースト)
元都議、希望の塾生、2009年都議選に千代田区で当選
沢田大作 (民進党)
新人、整骨院経営、希望の塾生
すどうえいじ (無所属)
新人、セブンイレブン店員 過去、区議選4敗・都議選3敗
溝口こういち (無所属)
新人、カメラマン 2016年補選落選、区議選2敗
飯田佳宏 (地方議員ゼロの会)
新人
以上 13名。
政党に属していないと、事前の活動が困難なのが現状です。
無所属で候補予定の方がいらっしゃれば、お知らせください。


【前回選挙の分析】
前回2013年の各候補得票数は下図の通り。2013年都議選開票結果のまとめもご参照ください。

0000.jpg


今回は、共産が代替わり、民進現職が転出しました。
候補者は入れ替わったので、政党の得票に着目し、政党別得票を下に示します。
前回あったみんなの党は解散しましたが、その受け皿は維新に向かうものと想定して、維新票にまとめています。維新票というよりも、改革期待票とみなします。

1111.JPG


【今回選挙の展望】
当選ラインの目安は、2万票といわれます。

自民党は、2016年補選で1議席を増やしてしまい、現有4議席ですが、補選で当選した山森議員をあっさり降ろして、いつもの3人体制。手がたく3人全員当選を目指します

公明党も、4期連続の藤井・遠藤体制を守ります。

共産党は、単純に考えると共倒れが懸念されます。票を寄せての1議席確保が順当でしょう。

民進党は、主力の離脱により、新人1人となりました。順当であれば民進票総取りで1議席確保でしょうが、新人の浸透度、さらには、民進票そのものの縮小が懸念されます。民進党は他選挙区でも、有力候補の離脱が重なっていまして、都議会全体での議席獲得があやしくなっています。

日本維新の会は、都議会全体で唯一の議席獲得を目指します。前回の2人分の票がまだ存在するのか?個人的に積み上げることができるのか?

都民ファーストの会は、新人2人を擁立。前回改革に期待した維新票と投票率上昇により上乗せされる票の取り込みが期待されます。

過去の投票率は、2005年 44.4%、民主党政権交代前夜の2009年 55.5%、2013年 43.4%

今回は、都政に関心が集まっていますので、2009年の55%程度まで投票率は上昇するでしょう。
前回から投票率が10%上がるとするならば、投票数は、6万票上乗せ。

6万票に前回の維新票と合わせまして、計10万票

知事選挙(投票率 58.1%)で小池知事が15万票得ていますから、あり得ない数字ではありません。
10万票の改革期待票があれば、4人当選を狙ってもいいのでしょうが、擁立は2人。
多少票が偏っても2人当選は手がたそうです。


まとめますと、自民3議席、公明2議席、共産1議席、都民ファースト2議席で定数が埋まってしまう無風選挙区の様相です。

でも、都民ファーストが取りこぼす改革期待票を集めれば、維新の候補が票を伸ばすし、ほかの無所属候補も票を積み上げるかもしれません。民進も労働組合票・宗教団体票を引き締めて票を伸ばすこともあるでしょう。

そうすると、自民・公明の現職の一角が崩れます。

若手候補者が現職をおびやかす緊張ある選挙になることを期待します。

有権者のみなさまにおかれましては、現職都議会議員がいったいどんな実績を残したのか評価してご判断いただきたいです。


※ 本記事は公職選挙法 第百三十八条の三 で禁止される人気投票の公表ではなく、あくまで 岡 高志 の分析を記事にしたものです。



posted by 岡高志(大田区議会議員) at 09:00| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

雑誌掲載:ギャンブル依存症対策地方議員連盟〜月刊アミューズメントジャパン

月刊誌「アミューズメントジャパン」に記事が掲載されました。

A1B5B382-A39F-4B2B-8A3C-CF871590625E.jpg
6A80A689-6D35-4F29-91E7-6FA2BB423F75.jpg

ギャンブル依存症対策地方議員連盟の取組について、パチンコ業界の雑誌でインタビューしていただきました。
活動の広がりを感じます。


取材依頼などは下記あてメールにて受け付けています。
side_tel.gif

posted by 岡高志(大田区議会議員) at 09:00| Comment(0) | メディア掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

新聞掲載:朝日新聞〜ネット公共圏をたどって

朝日新聞に掲載されました。(6/9夕刊)
"ネット公共圏をたどって"というシリーズ記事にて、
2011年に議員をスタートした"SNSネイティヴ議員"として紹介されました。
後段の方です。

EB45D146-8902-4C8B-AA08-99FFF045F8EF.jpg

記者の方に、議員活動について話をすると自分の頭の中も整理されました。
貴重な機会でした。

取材依頼などは下記あてメールにて受け付けています。
side_tel.gif

posted by 岡高志(大田区議会議員) at 23:00| Comment(0) | メディア掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

玉石混交の自治体アプリにオープンガバメントの未来がある。

こんにちは。大田区議会議員 岡 高志です。

新宿区議会議員の伊藤陽平さんが、自治体アプリについてのブログを書かれていたので、私も触発されて自治体アプリについての雑感を書きます。

はっきり言って
この手の自治体の新規事業はムダばかり。残念なことに、議員の一般質問はそんなムダを助長するものであふれている。
流行りものについて語って、なぜ流行りものに飛びつかないのか!といったような。

とはいえ文明の利器であるスマホアプリを活用するチャレンジ精神を否定しては進取の精神が損なわれるので、なるだけスルーしてます。


今回は、自分のスマホの中にあるアプリを評価してみます。興味をもったアプリなのでダウンロードしたはずです。

CE3D19B9-10C3-4233-856D-5809306A02E0.jpg

アプリとして作成する価値のあるもの
F94976B9-2798-4ADE-9908-53C8969DAE67.jpg

FixMyStreet, See Click Fixといったアプリはもともとは道路などの損傷について位置情報と現場写真をアップして自治体行政に改善を求めるwebプラットフォーム。使われるものだから、アプリ化しても意義があるのだと思います。

NYC311ニューヨーク市のコールセンター311がアプリ化したもの。騒音・道路・地下鉄などへのクレームが一手に集まるコールセンター。そういえば、東京都にはありませんね。コールセンターに多くの声が集まっているならば、専用アプリ化をするとユーザーである市民の満足度は高いでしょう。

ちばれぽ FixMyStreetのようなものの千葉市版であるだけでなく、問題解決に市民を巻きこむスタイルも取り入れています。日本国内の先進事例として紹介されます。

ねりれぽ、さがみはらパッ撮るん、ざまりん ちばれぽのご当地版。
ユーザーインターフェースどうなの?地域限定されすぎてユーザーはいるの?といった疑問がふくらみはじめる頃合いです。中途半端にお金かけて、出来上がりが微妙。


自治体の枠にこだわらずに、FixMyStreet, See Click Fix といったオープンなプラットフォームを活用すればいいんじゃない?
すでにいくつかの自治体は活用してます。私も大田区でもやればと提起してますが、腰が重い。行政職員はあんまりスマホとかwebを活用しないのか、感覚的にわからない。


こんなアプリどうなの?
BAC0CFD3-46CC-4BA7-B26C-D5E3884F8AD2.jpg

東京都はお金がじゃぶじゃぶあります。
なんだか微妙なキャンペーンを多数展開してたり、
オリンピックに大金はたいたり、
豊洲市場の土壌汚染対策に(買い手なのに)大金を投じてるし、
移転が延期されたら太っ腹に補償費も負担するし、
そんでもって役に立たなさそうなアプリ発注してご満悦。

東京都にお金がじゃぶじゃぶあることをわかってる自民党は、住民税・法人事業税の減税を公約に掲げてます。
都議選では東京都がいかにムダなことに金を投じてきたのか、もそっとそこに切り込む候補者がいてほしいですね。

さてアプリに戻ります。

こころ空模様、SNSルール、こころストーリー東京都教育委員会が、こどものスマホ・SNS依存対策として作ったアプリ。パンフレット作りました!に近い雰囲気です。webページにPDFでも貼り付けとけばいいんじゃないの?これで、こどものスマホ・SNS依存対策やってます!って胸を張るからホント悩ましい。

パーラージキルとハイドこれは、自治体でなくパチンコ業界団体のパチンコ依存対策部門が作成したアプリ。完成度は高いと思います。でも、誰がダウンロードするんだろう?

マチイロ 大田区でも導入した区報閲覧アプリ。各地の自治体広報が閲覧できます。大田区議会だよりも読めます。区の負担はなく、新しい区報設置スタンドが出来たとのことなので、使ってみてくださいね。はい。

さくっと銭湯 大田区・川崎市浴場連携事業実行委員会作成。何かのプロジェクトチームのアウトプットとしてアプリというのはよくある話。銭湯好きにはたまらない?

認知症に備えるアプリ 大田区、医師会、研究団体で共同開発。堅い。。。専門相談員のためのアプリ。

Flightradar自治体アプリではありませんが、羽田空港が立地する大田区民である私が多用するアプリ。頭上にいた飛行機はどこに飛んでいくのか、ちょっと低空飛行すぎないか、など簡単に確認できて便利なアプリ。


アプリへの自治体のこだわりは、様々な住民に向き合おうとする気持ちの表れでもあります。
それは一方で、行政参画をのぞむ住民の声が反映できる機会が増えるのです。
自治体行政と住民の垣根を払うようなオープンガバメントを推進するために、便利なアプリも活用したいです。




posted by 岡高志(大田区議会議員) at 11:58| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

都議会議員と候補者の政治資金収支報告をみてみましょう。

こんにちは。
大田区議会議員 岡高志です。

4年に1度の都議会議員選挙が今月6月23日に告示されるので、地元の議員の活動状況を知りたいと思いますよね。

地元の議員がどんな活動をしているのか、政治資金の収支報告書から読み取ることができます。
もちろん、活動の一端しかわかりませんけど、政治資金のボリューム、どこから寄付をいただいてるのか、地元の土地勘があるとイメージはふくらみます。

ブログ読者のみなさんが、地元の議員の活動をチェックするヒントになればと思いまして、大田区選挙区で再選をねらう現職議員の収支報告書をひろってみました。区議会議員から立候補する新人も収支報告書が開示されてるので、あわせて並べています。敬称略で失礼しております。

東京都選挙管理委員会のホームページ〜政治資金収支報告書から閲覧することができます。政治団体名と議員名が同じではないので、探すのには工夫が必要です。

収支報告書の寄付者リストの法人名や個人の職業欄からどこから支援を得ているのかわかります。
自己資金を寄付しているのも散見されます。都議会議員の資金管理団体への寄付は寄付控除の対象になります。自己資金を移動しただけなのに、税務申告をすれば、寄付控除として税金の還付を得ることができます。詳しくは、過去ブログパナマ文書よりも、舛添知事の収支報告書よりも、議員の政党支部を使った脱税の方がいかんよ!をご参照ください。

神林茂 (自民党)
東京都大田区第七支部 寄付 5百万円、パーティー 7百万円
神林茂の会
二十一世紀会

鈴木あきまさ (自民党)
自由民主党東京都大田区第十五支部寄付 9百万円、うち本人 2百万円、パーティー 3百万円
鈴木あきまさ後援会

鈴木あきひろ (自民党)
自由民主党東京都大田区第二十二支部寄付 16百万円、うち本人 6百万円、パーティー 6百万円
鈴木章浩後援会 パーティー 8百万円

藤井一 (公明党)
藤井一後援会

遠藤守 (公明党)
遠藤守後援会寄付1百万円、パーティー5百万円

佐藤伸(共産党)区議
佐藤伸後援会

森愛 (都民ファーストの会)区議
もり愛後援会

やながせ裕文 (維新)
やながせ裕文後援会 寄付4百万円、全額本人

特段、資金の動きのない政治団体については、コメントしていません。


ちなみに、私の政治団体岡高志後援会は、平成26年には個人の方々から、108,500円のご寄付をいただいております。
見返りを求めずに応援していただける気持ちに感謝しております。事務所の経費として活用させていただきました。
さらに精力的に政治活動をしてまいりますので、ご寄付いただける方は、ご連絡ください。

side_tel.gif



posted by 岡高志(大田区議会議員) at 12:13| Comment(0) | 選挙制度・議会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする