2015年12月31日

アベノミクスも3年 続:売上分析

先日のエントリアベノミクスも3年の続編として、この間の実体経済活動は決して活発ではなかったことを示します。

この間の新聞報道などでは、
企業収益改善
が取りざたされます。

経常収益はたしかに着実に伸びています。
スクリーンショット 2015-12-29 10.50.55.png

財務省が作成する法人企業統計調査が出典です。

税収に直結するので、経常収益の項目は重要です。

とはいえ、経済活動は売上高の多寡によって見るべきです。人件費が削減されて、利益が伸びても、国民全体は豊かになれません。
モノが売れてるのか、仕事がきているのかどうか、
トップラインが伸びたかどうかが重要です。

売上高は、そんなに変わりません。
スクリーンショット 2015-12-29 10.53.54.png

わかりにくいので、伸び率のチャートを参照します。
スクリーンショット 2015-12-29 10.56.37.png


業種別の売上高伸び率をチャートを自作してみますと
スクリーンショット 2015-12-31 0.10.54.png

自民党政権に戻ってからの、建設業の伸びだけ目立つほかは、
売上高は横ばい。
中小企業(資本金1,000万円〜1億円)も弱いです。

GDPは3年間でわずか実質 2.3%(年平均0.76%)しか増加していない。
企業の売上高もほぼ横ばい。

それが、アベノミクスの実態。

そもそも、政府のやる経済政策に懐疑的です。

それよりも、シンプルな規制緩和、もしくは、減税へ向かう税制改革によって、
企業・個人の活力を削がないことが有効な政策だと私は思います。


これで2015年最後のブログエントリとなります。
今年もお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

大田区議会議員
 岡 高志
posted by 岡高志(民進党) at 10:00| Comment(0) | 安倍政権メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

平成28年度国家予算案〜長期政権なのに衆愚政治か

「安倍政権メモ」カテゴリを作って、2012年12月からの安倍政権をウォッチしている 民主党 大田区議会議員 岡 高志 であります。

安倍政権の流れは、選挙と消費税がキーになっていて、長期政権なのに衆愚政治かと考えてしまいます。

2013年にかけて金融緩和による株高トレンドを形成して、2013年の参院選に圧勝
2014年4月の消費増税(5→8%)を前に2014年度は積極財政へ
アベノミクスの失敗を誤魔化す形で、2015年10月の消費増税(5→8%)を凍結して、2014年12月に突然の衆議院解散による圧勝
2015年7月、憲法違反の安全保障法制を押し切る。
アベノミクスの失敗を受けて、2016年度は積極バラマキ財政へ、2016年の参院選に圧勝
衆参ともに3分の2を押さえて、憲法改正を発議
2017年4月の消費増税(8→10%)を前に2017年度も積極バラマキ財政キープ、そして、憲法改正の国民投票へ
2018年9月、自民党総裁の任期満了により、安倍総理引退。

安倍総理は自民党の結党からの宿願である憲法改正を達成して引退するという、最高の栄誉を受けることになるかもしれない。


第一次政権の病気を理由に突如辞任したころとは大きな変化で、政権を維持したい執念なのかもしれない。
長期政権だから衆愚政治になったのかもしれない。

妄想はこのあたりでおきまして、平成28年度(2016)予算案について
総額96.7兆円 前年当初予算96.3兆円からの伸びを4,000億円に抑えました。これは、社会保障費の増加額にほぼ見合う数字です。
税収は57.6兆円と3兆円の増加。

菅官房長官のブログ「来年度予算:経済の再生と財政健全化を両立」によれば、予算のポイントは
「一億総活躍社会」の実現に向けて、「希望出生率1.8」「介護離職ゼロ」に直結する、子育て支援や介護サービス等の充実を図るほか、教育費の負担軽減、地方創生の本格展開、攻めの農業、観光庁予算を倍増、サミット議長国として、外交予算の充実
といったところなのでしょうか。

スクリーンショット 2015-12-28 21.31.32.png
財務省の説明資料も参考にして、
具体的には
子育て支援
保育所整備50万人程度 +356億円、ベビーシッター利用支援 4億円、三世代同居住宅への補助 150億円、ひとり親世帯向けの児童扶養手当増額 +28億円、3,000円の子育て給付金は打ち切り -1,500億円
高齢者向けの3万円給付 3,600億円を今年度の補正予算案に入れ込んでおいて、子育て給付をカット、申し訳程度にひとり親世帯への給付増額には、
「希望出生率1.8実現のための少子化対策」は感じられない。
公明党お得意の低所得者層優遇政策なのか?

介護サービス
介護サービスの確保 2.8兆円(前年比 +1,000億円)、認知症対策、介護休業給付増額(賃金の40%→67%) +23億円

厚生労働省関連(介護以外)
遺骨収集事業 21億円(前年比 +5億円)、認知症対策、介護休業給付増額(賃金の40%→67%) +23億円、サービス付き高齢者住宅への補助 

教育費の負担軽減
教員定員を3,475人減

攻めの農業
水田活用の直接交付金 3,000億円(前年比 +300億円)、農村整備公共事業 3,000億円(前年比 +200億円)、捕鯨対策 51億円(前年比 +32億円)

観光庁予算
総額200億円に倍増。
訪日外国人旅行者受入環境整備【新規】 80億円、無線LAN整備、地方の観光周遊ルート整備 16億円(前年比 +13億円)

外交予算
ODA 5,500億円、前年比 +1.8%

土木事業
総額は前年同水準の6兆円。
三大都市圏の環状道路整備など 3,170億円、河川・道路の老朽化対策 1兆6,541億円、整備新幹線 755億円、コンパクトシティ支援 1,000億円

防衛関係費
総額 5兆円、前年比 +1.5%



有識者コメントとして、日経新聞に掲載された大田弘子氏のコメントが印象的なので引用します。
社会保障では高齢世帯から子育て世帯への予算のシフトが進んでいない。
ひとり親世帯への支援など一部評価できる点はあるが、高齢世帯へのバラマキが目立つ。
企業の生産性を高める改革と合わせて、バラマキではない転廃業や能力開発を支援する予算が必要だ。
構造改革の予算はほぼ見当たらない。


posted by 岡高志(民進党) at 10:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

2015年レコード大賞の顔ぶれ


まったくの雑感で、かつ門外漢ですが、2014年のレコード大賞についての記事嵐がレコード大賞獲るしかないか に続いて、今年のレコード大賞を勝手に予想。
ノミネートされた優秀作品賞は
愛してるのに、愛せない」AAA 
「ありがとうForever...」西内まりや 
「Unfair World」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
「愛しのテキーロ」氷川きよし 
「お岩木山」三山ひろし 
「トリセツ」西野カナ 
「僕たちは戦わない」AKB48 
「もんだいガール」きゃりーぱみゅぱみゅ
 「大和路の恋」水森かおり 
「私以外私じゃないの」ゲスの極み乙女。
さて、レコード大賞は、CDシングルが対象です。

2015年 年間オリコンCDシングルランキングは、当然のように AKB48グループがTOP5を独占。
B1F58D7A-0661-4AC7-800A-0DFC9AA2A435.png
(怒られるかもしれないけど)乃木坂46もAKBグループに入れてしまって、次に嵐。 2010年以来、だいたいそんな光景です。 その後、AKBグループとジャニーズ勢ばかり続きます。昨年のレコード大賞獲得の三代目が、15位以降に顔を出してくるのが、今年の傾向でしょうか。2012年以来のシングルCDリリースのB'zが、32位、37位に顔を出します。
1990年リリース「太陽のkomachi angel」以来、シングルCDの週間ランキング1位をキープし続ける四半世紀におよぶ偉業であります。しかしながら、B'zはレコード大賞には出ませんね。
太陽のkomachi angel


で、今年のレコード大賞ノミネート作品の年間CDセールスランキングは
圏外愛してるのに、愛せない」AAA 
圏外「ありがとうForever...」西内まりや
 31位「Unfair World」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 
91位「愛しのテキーロ」氷川きよし 
82位「お岩木山」三山ひろし 
圏外「トリセツ」西野カナ
 1位「僕たちは戦わない」AKB48 
圏外「もんだいガール」きゃりーぱみゅぱみゅ
圏外「大和路の恋」水森かおり 
圏外「私以外私じゃないの」ゲスの極み乙女。
演歌が健闘を示すけれど、とどのつまり、AKB48の独り勝ち。

CDシングルのセールスで年間のベストソングを決めるのは難しいので、配信ランキングも。

647C53D7-FC46-42EE-AF16-26D0F268A785.png
 去年の年末のヒットソングが、1・2位。西野カナ「トリセツ」8位にランクイン。 西内まりや 35位にようやくランクイン。西野カナは、ダウンロードで配信でベストテンに3曲と安定的な強さをみせます。

92A31E1A-B7FE-46CE-8C3A-C5AA11A1157A.png
カラオケは、去年のヒットがそのまんま並んでまして、今年はカラオケ的にはノーヒットだったようです。

口ずさむようなヒットソングが今年リリースされたような気はしませんね。
とはいえ、
ぼ〜く〜た〜ちは たたかわない あす〜をしん〜じてる〜♪ 
がパワープレイされて、耳に残ったのは事実。タカ派の安倍晋三総理に対して反戦平和を祈る、今年を象徴する歌としましょう。

と思いきや
2015年 レコード大賞は

「Unfair World」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
三代目の2年連続受賞となりました。
EXILE グループとして、2度目の3年連続レコード大賞

やっぱり強いですね
posted by 岡高志(民進党) at 10:45| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

イギリスにおけるイノベーションと日本の地域自治体

大田区はスイス ヴォ―州と産業連携を締結しています。
そんな関係で、私も区議会の一員として、スイス ヴォ―州を訪問して産業視察を行いました。
外国を訪問して見聞を深めるのは貴重な経験となりました。

スイスで進むイノベーションが大田区に東京に日本に深まっていくように取り組んでいきます。

おおざっぱでありますが、イノベーションをめぐるイギリスの取り組みをまとめます。
誤解もあると思います。
あたたかいコメントをお願いいたしますm(_ _)m

近年、スイスはイノベーションを支援する国として注目されるところ。同様に、イギリスやスウェーデンもイノベーション大国です。

ドイツでは、インダストリー4.0というキーワードが提唱されていますが、
対応するイギリスの言葉は、
High Value Manufacturing

ケンブリッジ・フェノメノン
1970年代から、ケンブリッジを中心にベンチャーのクラスタがイギリスにはあります。
人、商業化機能、ネットワーク、大企業の研究拠点です。

大学の補助金が減るので、産学連携の必要性が求められ、かつ、大企業もリーマンショックなどで傷んでるので、ベンチャーへの期待が集まります。

イーストロンドンにある tech city
2008年から、シリコン・ラウンドアバウトとして位置づけられ、
2010年11月に キャメロン首相が、tech cityと名付けまして、ヨーロッパトップのデジタルクラスタとなっています。
中央政府とロンドン市のサポート。大企業誘致、Googleキャンパス。オリンピックのメディアセンターをインキュベーションセンターにしています。


カタパルトセンターCatapult Center
が各地にあります。

日本との関係をあげると、
今年12月1日、神奈川県がセルセラピー・カタパルトCell Therapy Catapultと再生・細胞医療分野の産業化に向けた今後の連携と協働に関するMOU(覚書)を締結しました。

<神奈川県・セルセラピー・カタパルト間のMOU(覚書)の概要>
【目的】
再生・細胞医療の実用化・産業化の促進に協力して取組み、日英両地域の再生・細胞医療産業分野において、企業及び学術機関等が活発に事業を展開できるよう、両機関の協働を推進し、日英両地域の発展を目指す。
【協働合意内容】
・再生・細胞医療及び関連分野における共同研究及び実用化・産業化支援に関する連携
・産業化の拠点である英国セルセラピー・カタパルト製造センター及び神奈川県ライフイノベーションセンターの間における連携

※セルセラピー・カタパルトについて
セル・セラピー・カタパルトは、科学研究とフルスケールの商業化との間の橋渡しをすることで、英国の細胞・遺伝子治療産業を前進させるための独立した卓越拠点として2012年に創設されました。
細胞・遺伝子治療技術に集中する100人以上の従業員を擁する当組織は、学界と産業界の提携先と協働し、生活を一変させるこれらの治療製品が世界各国の医療サービスで使用されるよう、確実に開発できるようにします。
当組織は、最先端の能力・技術・革新成果を提供することで、各企業が製品を臨床試験に取り入れることができるようにするとともに、臨床・プロセス開発・製造・規制関連・医療経済・市場アクセスに関する専門知識を提供します。当組織は、英国内外の提携先がこれらの治療製品を開発・商業化する上で、英国を最も魅力的で合理的な選択肢に位置付けてもらうことを目標としています。再生医療は、英国の科学力とビジネス能力を支えるために英国政府が設定した8大技術の1つです。
www.ct.catapult.org.ukより


本当におおざっぱに、イノベーションをめぐるイギリスの取り組みをまとめた次第です。
そうした記憶の断片をつなぎ合わせつつ、
大田スプリングバレー構想へ議論を深めてまいります。
posted by 岡高志(民進党) at 18:39| Comment(0) | 産業・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

街宣活動 12月,2015年

12月の街宣活動

12月1日 朝の駅頭@大森町駅
12月7日 朝の駅頭@JR蒲田駅西口(井戸まさえ民主党東京4区総支部長と協働)
3352A219-7E48-4590-A258-C656D09071EE.jpg

12月17日 朝の駅頭@JR蒲田駅西口
12月21日 朝の駅頭@石川台駅
12月22日 朝の駅頭@JR蒲田駅東口
posted by 岡高志(民進党) at 13:32| Comment(0) | 政治活動_街宣活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

アベノミクスも3年

今日の日経新聞のコラムに"アベノミクス、隠せぬ現実"と題して、平田育夫氏が執筆している。
12月26日で、安倍政権がスタートして3年。
アベノミクス第一の矢 金融緩和で円安・株高が華々しい反面、GDPは3年間でわずか実質 2.3%(年平均0.76%)しか増加していない。
アメリカは6.7%増。
政府目標の年率実質 2%にはるかに及ばない。

との弁である。

株高については、私の6月の代表質問で評価しています。
2012年末の安倍政権発足以来、この2年半で日経平均株価は1万円から2万円にはね上がり、ドルベースで25%程度上昇している。
アメリカのダウ平均は同じ期間で38%上昇している。
こうした資本の増加に対して、賃金の上昇は追いついてはいない。

グローバルでみると、株高さえ優れていたわけでもなく、賃金の上昇が限定的で需要を刺激できていない。

アベノミクス第一の矢ですら、国民生活への影響については、効果が不十分だったことが、この3年間の評価であろう。

バブル崩壊以来、日本政府は有効な経済政策を打てていない。

的確な規制緩和による創業促進が有効だと思いますが、
業界ベッタリの自民党、
労組ドップリの民主党には難しいところ。
まずは、政党内部の規制緩和でしょうか。
posted by 岡高志(民進党) at 10:43| Comment(0) | 安倍政権メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

少子化時代の教育の質の向上には少人数学級は脱却しなきゃ。

教育の充実、質の向上が、未来の日本を支える。そのために、学校の先生の質の担保、指導力の向上が必要です。

でも、
学校現場に行くと新規採用の教員が増えてきて、その指導が大変なんだという事実がある。
近年は少子化で学校も小規模化しているから、新規採用の教員を育成するゆとりがないときている。

急激に新規採用をする理由は、団塊大量退職の穴埋めである。定年退職の波は予定通りなのだから、もそっと緩やかに補充していけばいいと思うんだけど、定数管理にこだわるお役所には難しいことなのだろうか。
でも、日本の人口ピラミッドを意識すると、若者の全体数は少なくなってるから、
教員の質の確保は難しい
私は思う。
6A672EA1-D87D-45B3-B9CA-8A7F835DCA19.png
文部科学省資料より。過去分はこちら

昨日のブログ教員の採用が無計画なこともご参照ください。


教育の充実は難しくて、未来の日本は支えられないことになる。

これを打破するのは、
ICTの力。

サービス提供する人が足りなくて、サービスの質が低下しました、なんて、ビジネスではNGだ。だから、人手不足を補うためにICTを活用する。人手不足が原因でなくても、付加価値を高めるべくICTを活用もする。
人手不足環境下において、教育の質の充実のためには、ICTの充実にこだわらないといけません。

現状では、ICT機器サポートのために、より多くの人手を投入している状況である。
インターネットを活用した、遠隔授業も場合によって実施したほうがいい。
まずは、学校内にインターネットインフラを整備しておこう。ハイスペックなWi-Fiを校内全てで使用可能にする。
残念なことに、先日議会で発言したように、大田区の教育のICT化の実態が貧困なことがあるので、早期の整備を求めていきます。

とはいえ、
クラスの数だけ担任の先生は必要になる。
少人数学級の流れから脱するべきではないでしょうか。

クラスの定員を大きくして、質の高い担任の先生を確保する。
その上で、適宜サポートの教員を配したほうがいいでしょう。


大田区議会議員
 岡 高志


posted by 岡高志(民進党) at 10:00| Comment(0) | 子育て・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

教員の採用が無計画なこと

学校の現場はたいへん。
教えなければいけないことが、僕の子どものころよりも着実に増えている。

おまけに、昨今の団塊世代の大量退職に合わせて、新規採用をドバっと増やした。
若手教員を育成するのは たいへん
そんな声が、学校のベテラン教員から聞こえてきます。

文部科学省も認識している。web参照。

でも急に大量採用しようとすると失敗する。

daisotu.png

出生数が減少し続けています。
上の表で、「出生数」は22年前の数字。
つまり、大学卒業年令の若者の数と大学卒業者を比較しています。

大卒率が高まっているのを、高学歴化ともいえますが、大卒者の質は確保できてるのか疑わしい。

教員の採用(ここでは、公立小学校教員)は若者の数が減るなかで、増加の一途。僕が大学を卒業したのが、1999年で、その頃の教員採用の競争が厳しかったことを覚えています。
その後、ほとんど大卒者が増えてないのに、教員採用を増やしています。

教員の質が確保できるのか不安になります。




posted by 岡高志(民進党) at 11:53| Comment(0) | 子育て・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする