2016年01月28日

あっせん利得処罰法と甘利明と民主党

甘利明大臣のあっせん利得処罰法違反を意気揚々と攻撃していた民主党が、昨日は、なんだかよくわからない自虐ポスターを作ったと世間から嘲笑されていました。
民主党公式サイトでは、"民主党は嫌いだけど…"のところはスルー。
党の新しいポスター3種を発表 「岡田代表の笑顔がメイン」と寺田広報委員長
民主党の広報戦略はどうなってんでしょうか?

せめて、区議会議員である自分の広報(といっても、政策ビラのレベルですが。)はレベルアップしなきゃと思います。
新しく政策ビラの編集してくれる方を募集しています。
今のバージョンはこちら。
image.jpeg

あっせん利得処罰法に戻ります。
不勉強で知らなかったのですが、あっせん利得処罰法(公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律 (平成12年11月29日法律第130号))が、刑法197条の4 あっせん収賄の処罰範囲を広げるために制定されています。

あっせん利得処罰法1条
衆議院議員、参議院議員又は地方公共団体の議会の議員若しくは長が、国若しくは地方公共団体が締結する売買、貸借、請負その他の契約又は特定の者に対する行政庁の処分に関し、請託を受けて、その権限に基づく影響力を行使して公務員にその職務上の行為をさせるように、又はさせないようにあっせんをすること又はしたことにつき、その報酬として財産上の利益を収受したときは、三年以下の懲役に処する。

刑法197条の4 あっせん収賄
公務員が請託を受け、他の公務員に職務上不正な行為をさせるように、又は相当の行為をさせないようにあっせんをすること又はしたことの報酬として、賄賂を収受し、又はその要求若しくは約束をしたときは、五年以下の懲役に処する。

つまり、
公務員の行為が職務上不正であるかは関係なく 議員が口利きをして、報酬を受け取ってはいけません。
国会議員の秘書も。

議員はちょっとした頼まれごとを受けることがあります。
そこで、報酬に見合うか見合わないか別として、お礼をいただくこともあります。あくまでも、政治資金の寄付として受け取りますが、報酬とならないように慎重に対応しなければならないと学びました。

甘利明大臣は、1983年から衆議院議員をされてますから、あっせん利得処罰法の存在を知ってるわけで、
ワキが甘いという指摘もうなづけます。

posted by 岡高志(民進党) at 10:00| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

2015年 岡高志 ブログ ベスト10

こんにちは。大田区議会議員 岡高志です。
新年の宴席への参加が多い時期で、いまもなお、
お!民主党なのか!早くやめてしまえ!!

と辛辣な言葉を浴びせられがちです・・・

地道に地域課題の解決をしつつ、国政の課題を指摘するそうした自民党の旧来の政治を牽制するスタンスで政治活動しておりますので、ご理解ください。

そうしたスタンスがこのブログでもよく表現されていると思います。

ちなみに、議会活動は、
アメブロの大田区議会日記

に書いています。出席した議会の内容をこまめに客観的に記載していまして、けっこう参考にされています。

さて、昨年のSeesaaブログをふりかえりアクセスランキング ベスト10を発表します。
第1位  2015年 大田区議会議員選挙の立候補予定者の動向
選挙の年でした。大田区民の多くの方に読んでいただけたようです。地域の政治課題の共有。その中で最も大切なことは、候補者が誰であるのかという選挙情報なのかもしれません。

第2位  平成26年度 大田区 待機児童対策 保育園開設ニュース
毎月の子ども文教委員会で報告されるたびに更新した保育園開設情報。子育て世代の方々にタイムリーな地域情報を提供しました。

第3位  保育園の申込 12月10日まで
"保活"のための情報はこちらでも提供しています。メールベースでのご相談も多くいただきまして、大田区の"子育て議員"としての存在感は強まっています。

第4位  大田区でも放課後子ども教室はじまってます!〜放課後ひろば〜
私が推進してきた放課後子ども教室が今年度スタートしたことは、1期目4年間の大きな成果として満足しています。

第5位  洗足池 ほたるの夕べ 2015
毎年7月中旬に地元の洗足池で開催されるほたる観賞イベント。私のイベントではありませんが、イベント開催前に大量のアクセスがあります。
地元情報の信頼できる発信源になっています。

第6位  平成27年度 大田区 待機児童対策 保育園開設ニュース
平成27年度版の保育園開設情報。26年度版は第2位、25年度版は第12位にランクしています。

第7位  区民税所得割額の目安をざっくりと・・・
収入と区民税所得割の関係をざっくりまとめた分析記事がランクイン。
たんなる情報の垂れ流しではなく、整理分析したブログを発信していることにも評価いただいています。

0000.jpg

第8位  街宣活動
毎月の街宣活動の記録です。月ごとにページは変えていますが、12ヶ月分を集計したものが、8位にランクインしました。

ブログを書くだけでなく、街頭でもリアルに発信しています。


第9位  大田区の民泊条例案の概要を徹底解説
10月にアップした記事が9位にランクイン。民泊条例の施行を前に、今年に入ってからもアクセスを稼いでいる記事です。
民泊条例関係はいくつかの記事を書きましたが、本当にまとまっているのは、最新の
民泊条例: 具体的な規制はどうなるのか?厚生労働省の検討は?
隠れてしまうのか、あまりアクセスが来ていないのが残念です。


第10位  学校不祥事案件 大田区の最近
職員の不祥事などをコツコツ掲載しています。不祥事があった際の教育委員会コメントが紋切型なのがわかります。本当に不祥事を謝罪しているのでしょうか。
私は議員として、不祥事の分析・解決に取り組んでおります。


日本全体に向けた政治の話題もブログ記事にしてきましたが、地域情報についてよくご覧いただいたようで、地域の議員としてありがたい限りです。
引き続き、地域の議員として地域の政治課題の共有をこちらのブログで行ってまいります。


posted by 岡高志(民進党) at 17:24| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイナンバー: 番号通知カードと個人番号カードの交付 大田区の場合

マイナンバー
これからずっと政治課題になります。
国民一人一人の税と社会保障の情報を整理するための新制度。
行政管理コストの低減も期待できる一方で、個人情報の管理も課題です。
些末な話ですと、マイナンバー詐欺なるものもあるらしいので、ご注意を。

当面の事務手続について、みてまいります。

個人番号通知カードが発送されました。
大田区では、昨年11月中旬から。

大田区は大きな自治体でありまして、
世帯数は、373,847件
1ヶ月ほどかけて配達しましたが、
全体の13% 48,988件は、受領されず、大田区に返還されています。

この返戻分は、区役所本庁舎1階で受け取れるのですが、連日長蛇の列。
郵送での再配達もかけながら、3月までは、返戻業務をするそうです。


個人番号カードの交付 は、1月末頃からスタート予定。
1/14時点では、14,412件の申請にとどまっています。
最終的にどれだけ、個人番号カードが交付されるのでしょうか。



posted by 岡高志(民進党) at 10:00| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

大田区ものづくり教育・学習フォーラム 2016

大田区ものづくり教育・学習フォーラムに参加しました。今年で14回目になるイベントです。
F9CFA794-474D-4FA2-B5F9-9F1DF749D042.jpg

ものづくりの大田区らしく小中学校でもものづくりを学べる環境にあるのです。各学校のものづくり学習のプレゼンが行われます。
15ECEF6E-D154-4CB7-90E0-5975CCDA2E1F.jpg
写真は、蒲田女子高によるファッションショー。カマジョだけ高校生部門で参加しています。

学校ごとの発表会が真面目に行われる一方で、ものづくり体験コーナーが楽しげに開催されてます。イベントポスターではディテールが伝わりにくいのですが、様々な団体の協力により、有意義なものづくり体験コーナーが運営されていますので、ご紹介します。
大森学園高校
万華鏡
ちょろ虫
ペンライト
モコモココースター
合成写真
ソーラーカー(展示)

ヤマト
フォトスタンド組立

蔵前理科教室ふしぎ不思議
ギシギシプロペラ

城南島職業能力開発センター大田校
アクリル製ネームストラップ

大田区建築あっせん事業連絡協議会
イス

大森家政専門学校
おてふき人形

エスエスケー
コマ

東工大サイテク
パタパタぞうさん
万華鏡

建住舎
網戸ペンキ塗り

おおた少年少女発明クラブ
光ファイバー加工

東京都洋裁技能士会
ポーチ

つばさ総合高校
機織り

大寿会
輪投げ

大田区に昆虫の楽園を作る会
壁掛け
折り紙
紙コプター
縄ない

五島電機
積み木広場

太洋塗料
水性塗料体験

赤塚刻印製作所
手打ち刻印によるストラップ


これだけ多くの体験コーナーが揃うのは、ものづくり、そして、区民活動の活発な大田区ならではです。PTAの方もサポートに入られてました。

当然に体験コーナーはそれぞれ少人数の枠しかありませんので、
やろうと思ってPiOまで来たのに、出来なかった残念。
との声も聞かれます。

とはいえ、バラエティに富んでますので、そこはあきらめて、別のものを体験するのもいいですよ。

来年も楽しみです。


参考までに大田区公式Youtubeをご紹介。





posted by 岡高志(民進党) at 22:59| Comment(0) | 大田区のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

街宣活動 1月,2016年

本年もよろしくお願いいたします。

1月も寒いですが、街宣活動を行っています。
応援よろしくお願いいたします。

1月4日 朝の駅頭@長原駅
1月5日 朝の駅頭@蒲田駅東口
1月11日 成人式街宣 大田区総合体育館周辺
EFFAD6A6-473B-452E-A71F-05EDFF3B457F.jpg
1月14日 朝の駅頭@大森駅東口
posted by 岡高志(民進党) at 12:11| Comment(0) | 政治活動_街宣活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

憲法改正に歯止めをかける〜2016参院選の争点

安倍総理の今年の年頭会見
幹事社からの質問に答える形で、
2016年参院選の争点は 憲法改正 であると明言された。
(記者)
参議院選の争点についてはどのように考えていらっしゃいますか。

(安倍総理)
憲法改正については、これまで同様、参議院選挙でしっかりと訴えていくことになります。

憲法違反といわれる安保法制を国会で通してしまった安倍総理は憲法を変えることで、違憲立法をチャラにするこことができます。

参院選で、安倍総理主導の憲法改正に歯止めをかけたいです。

憲法改正は、衆・参それぞれ3分の2以上の賛成があれば発議し、国民投票にかけることができます。
すでに、衆議院は自民党・公明党だけで3分の2をおさえています。
今年の参院選を経て、自民党・公明党だけで、参議院の3分の2をおさえることができれば、
自民党・公明党間の様々な利害調整をへて、憲法改正の発議へと向かいます。

もちろん、国民投票での過半数要件はありますが、メディアコントロール、バラマキなど賛成に向けたアプローチは強まるでしょう。
通常の選挙は公職選挙法による制約が多いのですが、国民投票法はそこまでではありません。

だから、国民投票の前の段階、与党 自民党・公明党が、3分の2をおさえにくる参議院の選挙に際して、憲法改正についての国民的議論をすることが極めて重要です。

私は、憲法の専門家でもない 一介の区議会議員にすぎませんが、
安倍総理のもつ憲法観に強い懸念を覚えます。

だから、安倍総理主導の憲法改正に歯止めをかけたい。
そう願います。


安倍総理の憲法観 については、

以前、BLOGOSでも話題にしていただいた2014年2月の私のブログ
舛添都知事「憲法改正のオモテとウラ」で痛烈に安倍総理を批判してる件に共感
憲法と自民党に精通している舛添都知事の見解を紹介しました。
舛添さんが仕切った2005年草案の頃、安倍総理は幹事長代理であり、憲法前文の改正を検討する小委員会の委員長代理であった。
憲法前文に、美しい国などの自然描写、歴史解釈を入れようという安倍さんの考え方は、中国憲法と同じだと切り捨てる。安倍さんを復古派の代表とする。
極めつけは、最後のところの太字で、問題の多い2012年憲法改正草案を取りまとめた議員たちが、特定秘密保護法でも中心になっていた。立憲主義など教わったことのない議員に、これほど重要な法案を任せていいのか。と、現在の安倍政権の所作を批判している。

2014年07月の私のブログ
僕は戦後の争わない日本が好きなのに、安倍さんは何を守るのか。
集団的自衛権の行使が憲法上認められるとした閣議決定を受けて、安倍総理の憲法観を理解しました。
閣議決定では、
憲法第9条はその文言からすると、国際関係における「武力の行使」を一切禁じているように見えるが、
憲法前文で確認している「国民の平和的生存権」や憲法第13条が「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利」は国政の上で最大の尊重を必要とする旨定めている趣旨を踏まえて考えると、
憲法第9条が、我が国が自国の平和と安全を維持し、その存立を全うするために必要な自衛の措置を採ることを禁じているとは到底解されない。
ここで安倍総理は
 国民の基本的人権を守るために、武力行使をして、日本国民の平和的生存権にリスクを与えよ
という詭弁を弄したわけです。

国民の基本的人権を尊重する、立憲主義の基盤が無い政治家が憲法改正を選挙の争点にするだなんて、暴走です!


憲法改正の具体案 については、自民党の憲法草案を、
あなたも読んでいただきたい。

2012年05月の私のブログ
憲法改正論議
自民党憲法草案の問題点を例示しました。
憲法改正によって、一般国民の不利益が増えることになるのです。
(12条)人権を制約する文言が
 現憲法が「公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ」
 自民党案が「公益及び公の秩序に反してはならない」
明確に国民の権利を制限する。

自民党は、国民が権利主張しすぎると嘆いている。たとえそうであっても本来は、民法・刑法で規制するべきであると私は考えます。
これでは、憲法に規定した”公益””秩序”を誰かが恣意的に判断して権利を抑制してしまう。
(13条)
 現憲法が「すべて国民は、個人として尊重される」
 自民党案が「すべて国民は、として尊重される」
言葉の感じ方かもしれませんが、
”人”よりも”個人”として尊重される方が人間らしかったのでは?と感じます。
(21条・表現の自由)
 自民党案は、2項として「公益及び公の秩序を害することを(略)目的として結社をすることは、認められない」を追加。
 12条での権利制約同様に、表現の自由という近代憲法で最も大切な人権を制限している。
(第11章 最高法規)
憲法は国の最高法規であることを規定。
現憲法には無かった国民の憲法尊重義務を規定。
現憲法では天皇・公務員に憲法を擁護する義務をおいていたが、
自民党案では、天皇を削除しています。
支配者(国王・天皇)が国民に授ける欽定憲法の趣が強く感じられます。


安倍総理の目指す憲法改正は、国民のためでなく、支配者の便宜のための憲法改正と理解できます。

安倍(岸)家は、三代にわたって、支配者の家系ですが、

国民の多くは、支配者ではなくて被支配者です。

安倍総理のよしとする憲法は、
国民にとっては不利益を与えることになります。

もしも、あなたが、日本の支配者だというのなら、問題無いでしょうけれども。


安倍総理主導の憲法改正に歯止めをかけましょう。


大田区議会議員
 岡 高志 


タグ:憲法改正
posted by 岡高志(民進党) at 10:00| Comment(0) | 安倍政権メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

大岡山ウィンターフェスタ

ウィンターカップは、高校バスケットボールの全国大会ですが、
大岡山ウィンターフェスタには、プロのバスケットボールチームが参加します。
大田区をホームタウンとするアースフレンズ東京Zが、バスケットボール教室を開いてくれます。
6706DC03-80BD-40A0-9AAF-508DD3BF7DCB.png

他にも、いつもの大岡山北口商店街のみなさまが運営する模擬店、豚汁、揚げパンブースが出店!

さらに、Run&Walkなど、盛りだくさん。

イベントの盛んな大岡山北口商店街の初めての企画だそうなので、興味津々です。


posted by 岡高志(民進党) at 21:02| Comment(0) | 大田区のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

朝まで生テレビ!はスゴイ

元日未明の放送の朝まで生テレビ!に、大田区議会の同僚である自民党の大森昭彦区議が区議会議員の肩書を表明せずに、大田区の建築板金業者としてとうとうとアベノミクスについて語り、最後には、民主党時代は悪かった。。。と語ったとして大きな波紋を呼びました。

今どき、朝までテレビを生で視たいと思っている人がどれだけいるんだろうか。。。
という思いがしますが、これだけの反響があるわけで、テレビの力はスゴイですね。

リアルで知っている同僚議員のことをネット上でコメントするのは、公人として適切でないと私は思っています。
”大田区議”という言葉が、どう話題になったのかは記録のために整理しておきます。


生放送をみて、大森昭彦氏は建築板金業者を名乗っているけど大田区議会議員だ。と見抜かれたところから、ネットに火がつきました。

元日早々に、小林よしのり氏がブログで吠え、まとめサイトやら立ちあがりました。ネットをほとんど活用していない大森区議の自民党公式サイトの”大田区議”でのGoogle検索順位がジャンプアップ。いまや、最上位に登場する”大田区議”。

2日には、スポーツ報知のネットニュースでインタビュー付で掲載。

1月5日付で、朝日新聞、読売新聞などが地域面の紙面で報じました。The Wall Street Journal日本語版のネットニュースでも報じられる大事件となりました。

ここに至って、朝まで生テレビ!から謝罪コメントがでました。


番組の司会の田原総一朗さんは、この問題に責任があるのかないのかわからない立場であるが、以下のようなツイートを残していました。



「朝生的な」番組をやるのはいいけど、収録は寝る時間でなくて普通の時間にやってくださいね。

大田区議会議員
岡 高志


posted by 岡高志(民進党) at 13:05| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする