2016年09月28日

築地市場の大田市場移転の可能性を探りに・・・

先日の記事で、築地市場は大田区に移転したらどうなんだ?などと言ってますので、あらためて9月26日に、大田市場の視察に行ってまいりました。
758FF650-C366-4A17-A3AF-0EE85ED88716.jpg

大田市場は大きいです。
一緒に行ったメンバーもいたく感動しておりました。まさに、百聞は一見に如かず。

大田市場は大きすぎるので、全体像を写真で表現できないので、いただいたパンフレットを下記引用。
正門を入って、青果棟の中へと向かいます。

368A33B0-F854-4065-8091-62A78505318B.jpg


セリの時間に合わせた早朝の視察です。
人の動いてない市場に行ったって意味ないですもん。

8197DFE3-6ADA-45B8-ABEF-4D1CF870E716.jpg

メロン
様々な等級のメロンを大卸さんが、仲卸さんらの顔色を窺いつつ、値付けしていきます。

EC22A122-B295-4267-BED5-4CE3B539866E.jpg

青果棟を出て、"関連棟"を抜けて、水産棟へ。

"関連棟"は、市場関係者向けの飲食店・物販店が並びます。少し移動してもらって、水産棟の拡張用地にできそうです。

水産棟は、築地に比べると静か。
なんせ、日量300トンの取引量がありながら、1割程度しか使われてません。

43CFEAA9-E987-4114-A3B9-7A68FB616DFD.jpg

水産の仲卸部門。
当然、空きもあります。

おおたの朝獲れ鮮魚といったパッケージもありまして、大田の水産市場の活性化にも取り組まれています。

9CDA16F4-2B32-4284-AD34-A6FD3D226A6B.jpg

仲卸さんとお話ししましたが、
築地市場の大田市場への移転統合は好意的に受け止められていました。


市場会館という名のビジネスホテル跡。
数年前に閉鎖しまして、利用法が検討されています。もちろん、宿泊需要はありません。
平成元年オープンの施設ですから、ちょっとバブルな要素もありますよね。

17D806B0-8797-4E83-A4EA-0344E6D94B8D.jpg

大田市場の場内のみならず、埋立地内は、東京都が地主となる様々な倉庫が立地します。
地主である東京都ならば、市場の拡張用地も確保できるのではないかとの期待も持つことができます。


それじゃあ、豊洲に作った新市場はどうなるの?

区役所でも、区民ホールでも、NPOの活動拠点でも、可能性はあるでしょう。
食品を扱う市場でなければ、ガス工場跡地だからといっても、制約は少ないでしょう。

せっかく、ゆりかもめの駅も近いのですから。





posted by 岡高志(大田区議会議員) at 23:23| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

23区はお金が余っている〜H27決算〜

9月2日に平成27年度 東京都特別区普通会計決算の概要が発表されていました。

昨年も述べましたが、変わらない状況なので、また同じようなことを述べます。

東京の23区の中心的な税源は、区民税です。  
近年は所得が上昇しており、税収増につながっています。  
23区各区では、歳入が歳出を超過する状態が続いています。  

民間企業であれば、歳入が歳出を超過する「黒字」はいいことです。 株主・経営者が利益を分配できます。  
でも、自治体で、歳入が歳出を超過するのは、お金が「余った」にすぎません。  

住民福祉の向上に努めるのが、自治体の責務であって、 今後の住民福祉向上の計画を示すべきでしょう。もしくは、お金が余らないように、税率を下げたっていい。  


歳入歳出差と歳出に対する割合を23区平均でみてみます。  
・平成24年度決算 50億円 3%  
・平成25年度決算 58億円 4%  
・平成26年度決算 59億円 4%  
・平成27年度決算 62億円 4%

23区でお金は余っているようです。

ACADB3C8-66EE-4EA0-A7C1-324805448FDC.jpg
上の表は、各区の昨年平成27年度決算の概要。  

わが大田区が126億円と最も歳入歳出差があります。  

この4年連続で、わが大田区だけが 100億円以上の歳入歳出差が生じています。 
つまり、お金が余っています。  

大田区では、単年度の予算を使い切っていません。 
安く済んだので、余りましたよ。 
ということならOKですが、 
やろうとしたことが全て出来ていない。  

一方で、お金が足りなくなるかもしれないから、要望された事業は計画できませんとか行政は主張しています。   

こうした状況ですので、 区民の皆様、納税者の皆様、  区の財政出動を遠慮なく要望してください。  

もしくは、税率を下げることも主張しましょう。  


posted by 岡高志(大田区議会議員) at 13:52| Comment(2) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

大田市場の周辺に土地が広がっていく?

今回の定例議会の議案であらたに生じた土地の確認議案が提出されています。

東海6丁目と城南島6丁目との間の公有水面を埋め立てまして発生した88,702.16m2の土地が大田区に帰属することになります。
(所有・管理が東京都であることは変わりません。)

対象地は下の写真の通り(Google Mapより)324D8296-E464-4206-A824-2E80EC4B4227.jpg

ちなみに、通常のGoogle Mapでは、まだ海。
将来的には、間をつないでいる橋もいらなくなるそう。
29D3855E-F8F6-414D-B6E4-9C32D7E8260F.jpg


さて、所管委員会で現地を視察しましたので、その状況をご報告まで。

第1期と第2期に工期が分かれてまして、今回は第2期。
785A7DA0-23DF-444C-BD47-EE5144C06BE0.jpg


埋め立て→整地→舗装のステップを踏みます。

今回の第2期は、砂利を敷き詰めて整地が完了した状態。
8EEE36F3-D20F-43A9-9598-E2C33F9AC9C9.jpg
(北東方面、海方向を撮影)

第1期は舗装が始まった段階。
水道インフラも敷設してコンクリート舗装をします。
BB2DE538-2469-4E25-B2F3-5780B9B16A09.jpg
(南西方向、大田市場方向を撮影)


舗装してどうするの?

と言いますと、
コンテナ車両の駐車スペースがあり不足しているので、そのために埋立地を確保しているところ。
コンテナ置場を埋立地上に集めて、コンテナ車両の駐車スペースや通行スペースを確保するとのことです。
AEC2B5B6-E65B-41FF-882F-4C6DE715168A.jpg
(南東方面のコンテナ置場)


さすが、埋立地は大胆に土地を作ることで、必要な場所を確保できます。
今回、あらたに生じた埋立地は、大田市場の目と鼻の先。

築地市場の大田市場への集約に際して土地が必要になった際にも、活用できるのか。

埋立地は地権者・管理者が東京都ですから、中央卸売市場の再編に向けての検討にいかがでしょうか。
posted by 岡高志(大田区議会議員) at 17:51| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

H29年度から 大田区保育園・学童保育保育料が改定されます

平成29年度からの保育園・学童保育の保育料改定に向けて、保育園・学童保育保育料検討委員会か設置されまして、私 岡高志も委員として参加しておりました。
FF52687C-D718-43F3-B37E-E8BC3EFD8D2B.png
平成27年10月28日を初回として、平成28年3月まで開催されました。そこで、まとめられた保育料のあり方に関する報告書に基づいて、大田区の保育園・学童保育保育料改定についての考え方が示されており、パブリックコメントを経て、議会に提案されています。

保育園・学童保育保育料検討委員会の会議資料や議事要旨は公開されていますので、ご参照ください。

私の印象に残った発言として
(他の委員の意見を引用します。)
  • 保育料の値上げによるクレームはありません。
    なぜならば、子どもの年令が上がるにしたがって、保育料が下がるから。保育料が上がったにしても、所得が上がったことも要因になります。

  • 利用者負担を上げる、これは、保育の質につなげるべきだ。
    (ということは、保育事業者への補助金増加につながらないか心配。)

  • 保育料は大田区<川崎<横浜<湘南と、遠くなると高くなる。でも、保育料の高さと保育の質は関係なさそうだ。


今回の委員会は区議会議員が4人はいってまして、
自民・公明・共産・民主のそれぞれの立場から意見表明されたのが特徴的です。

公明からは低所得者への保育料配慮。
自民からは、保育園に通わない層への配慮や、ゼロ歳児のところの税負担が大きい点の是正。
共産党は、値上げ反対!
民主党のわたくしからは、所得が相対的に高いところだけ狙い撃ちに保育料を値上げする、取りやすいところから取る、考え方には反対する意見を表明しました。

少子化対策の視点
学識経験者含めて不十分です。少子化対策は福祉だけではなく、経済政策の要素があります。低所得者配慮にとどまらず、多子世代全体にインパクトのある施策をとるべきです。ちょうど、国から年収330万円世帯の保育料減免との施策が報道されていましたが、大田区において年収330万円世帯は、10%程度であって、そこだけを刺激しても子どもが増えるとはいえません。

保育の質の向上
保育料見直しの一方で保育の質の向上も重要です。
保育士さんの待遇改善も重要。
保育園に入りやすくする保活環境の改善、保育園での細かなサービスの改善も必要であると、保育園の保護者さんからのご意見で感じています。

※2016.2.20の投稿を6月のパブリックコメント実施に際して、再構成しました。

※2016.9.21に所管委員会で可決されました。



タグ:パブコメ
posted by 岡高志(大田区議会議員) at 17:18| Comment(0) | 子育て・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

視察: 都立城南特別支援学校

障害児を対象にした特別支援教育は、通常学級、通常校における特別支援学級、通級、特別支援学校で行われています。
障害の種別は、視覚、聴覚、肢体不自由、知的障害、病弱(ここまでは特別支援学校にも対応しています。)、言語障害、発達障害、情緒障害に分類されます。

3517FC90-30B2-4406-88A5-7130D8E7A0E1.jpg

大田区東六郷にある都立城南特別支援学校は、肢体障害児を中心とした(知的障害児も含みます。)、小学部・中学部・高等部までの、特別支援学校です。
大田区の重度心身障害児の実態をみるために区議会の会派のメンバーと今回視察させていただきました。
4120CB91-CFC0-4364-9BDA-8A0E00131F0E.jpg

全校生徒137人のうち、86人は大田区在住です。他は、港区の一部と品川区が通学区域であります。子どもたちは、13台の通学バスに分かれて通学します。港区からは福祉タクシーで通学します。

通学できない子どもに対しては、訪問による授業が行われます(14人に対して、1日2時間が3回)。

重度の肢体不自由児ですから、医療的ケアの必要な子どもも多く在籍しています。介護士の職員が痰の吸引、経管栄養、導尿などの対応を行います。
医療的ケアは医師・看護師といった医療職の領域なので、いわゆる福祉施設では、限界のあるところですが、こちらの特別支援学校では安心して過ごすことができます。
トイレひとつとっても、ベットが設置されているなど設備がしっかりとしています。

2A8AC906-B1F4-488F-8198-1BFCB7017F76.jpg


通学バスにおいては、医療的ケアが提供できないので、子どもの状況によっては、保護者が同乗しなければいけないなどの課題があります。

個別支援計画を教員が、障害のある子ども達一人一人に作成して、日常生活を支援するほか、継続的なキャリア教育も大切にして進路指導も行っています。多くは、生活介護施設などに進みますが、大学へ進学する卒業生もいます。
先生方は、教育のみならず福祉・医療への知見は高く、熱意を持って指導されています。
教員が70人、介護担当職員が29人と手厚い支援が行われていると感じます。そこで、保護者の方々は学校卒業後は、支援が手厚くないと感じられるそうで、悩ましいところです。

障害児と健常児がともに学ぶインクルーシブ教育が評価される昨今です(今度は、インクルーシブ教員についての区議会議員向け勉強会があります。)が、
重度心身障害児に対しては、特別支援もまた有意義であると感じました。

7341582D-A8CD-4ECB-BBA2-25DA21D1775A.jpg
2110679B-E191-4FD5-B3CC-BE4BE318F2EE.jpg

上の写真は、自立活動室と、設置された補助具の案内。
障害によって必要な補助具がそれぞれ異なります。車イスが通常の病院で貸与されるようなものでなく、それぞれの障害に対応して設計されたものであることに、当たり前ながら、驚きました。



最後になりますが、和田校長先生をはじめご対応いただきました皆様には心から感謝申し上げます。



posted by 岡高志(大田区議会議員) at 22:35| Comment(0) | 福祉・社会保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

築地市場は大田区に移転したらどうなんだ?

築地市場を豊洲に移転する話が、小池都知事就任以来、論争を呼んでいまして、ついに、11月7日に迫った豊洲移転の延期を小池都知事は、8月31日に決断しました。来年1月中旬の土壌検査結果を検討するまで、判断を待つことになるから、まだまだ築地市場の問題は都政の重い課題であります。
2009年の都議会議員選挙で、旧民主党は豊洲移転見直しも掲げて大勝したんだが、なんだったの?というくらい、政治に翻弄されています。

豊洲の土壌改良も不十分

豊洲整備にお金かけすぎ

豊洲は仲卸業者にとって使い勝手が悪い(参照: 仲卸業を経営する地元区議会議員 渡部恵子さんのブログ

とても、豊洲移転は実現しそうにない。

でも、今の築地市場はとても老朽化が進んでます。築地市場は新しくしなきゃいけないのが、大前提。

さて、築地市場は、東京都の中央卸売市場のひとつであって、その統合・整理によって解決する方法が見落とされています。

現在、東京都には中央卸売市場が11あります。築地、食肉(芝浦)、大田、豊島、淀橋、足立、板橋、世田谷、北足立、多摩ニュータウン、葛西。
CBC1787F-D34D-4F10-AA6F-975D9D67B8FF.gif


築地
取扱数量(平成26年1日当り) 水産:1,676t青果:1,095t
敷地面積230,836m2. 建物面積285,476m2

食肉(芝浦)
取扱数量 食肉:353t
敷地面積64,108m2 建物面積94,398m2

大田
取扱数量 水産:33t青果:3,623t花き:288万本
敷地面積386,426m2 建物面積298,313m2

豊島
取扱数量 青果:360t
敷地面積23,334m2 建物面積20,281m2

淀橋
取扱数量 青果:881t
敷地面積23,583m2 建物面積40,067m2

足立
取扱数量 水産:67t
敷地面積42,675m2 建物面積26,354m2

板橋
取扱数量 青果:480t 花き:56万本
敷地面積61,232m2 建物面積51,378m2

世田谷
取扱数量 青果:163t花き:81万本
敷地面積41,482m2 建物面積65,302m2

北足立
取扱数量 青果:596t花き:57万本
敷地面積 61,076m2 建物面積77,823m2

多摩ニュータウン
取扱数量 青果:86t
敷地面積57,153m2 建物面積19,895m2

葛西
取扱数量 青果:496t花き:68万本
敷地面積74,515m2 建物面積59,396m2


大田市場が敷地面積最大でありますが、水産の取扱数量が微々たるもの。水産市場は築地、ということで、大田市場の存在感が弱いのですが、キャパシティはあります。

卸売市場を経由しない取引は増えてきていまして、そんなこともあって、築地市場の水産の取扱数量は、統計のある平成14年と比べて平成27年は68%に縮小しています。

F19CED8C-0E92-4C8C-8336-089C37225ECC.jpg

市場の縮小・統合も検討の価値があります。
築地市場は、大田市場に集約してはいかがでしょうか。
既存の市場に集約するのであれば、整備コストは最小化されます。豊洲新市場の建築面積は、119,000m2にすぎません。

築地市場は銀座に近い強みを発揮して、日本の食文化を支えてきたとのプライドがあります。豊洲に移転して、徒歩圏から離れてしまうのであらば、大田市場でもアクセスはさして変わらないのではないでしょうか。大田市場は、高速道路網へのアクセスも良いし、JR東日本が計画する羽田空港アクセス新線の線路も地下に通ります。
そもそも、空港に近いのは物流上での大きな強みです。
都民負担を過大にしないためにも、大田区から代替案を提起してまいります。

ちなみに、築地の場外市場はどちらにせよ、そのまま残りますから。


【ご参考】築地市場移転の経緯

昭和60年代に入り、施設の老朽化・過密化が著しくなったため、築地市場の再整備事業を推進することとし、仮設施設等を建設しました。しかし、工期、建設コスト、基幹市場としての機能維持の視点から見直しを行うことし、「現在地再整備」と「移転整備」を比較検討の結果、平成11年(1999年)11月、移転整備へと方向転換することとしました。そして、狭隘化が著しく、流通環境の変化に対応できない状況等から、平成13年(2001年)12月に策定した第7次東京都卸売市場整備計画において、豊洲地区に移転することを決定しました



posted by 岡高志(大田区議会議員) at 06:14| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

民進党代表選〜玉木雄一郎さんの政策〜

私の属する民進党の代表選挙、開票日は15日に迫ってきております。
政策論議が深まらず、この党どうするの? といった状況なのが、はなはだ残念です。

昨日、玉木雄一郎さんと地方議員との意見交換会に参加しました。
A078E524-CB81-4F54-B9D6-CE00D476CC48.jpg

代表選期間中は毎日、3人の候補者が全国各地におもむき街頭演説をやり公開討論会をします。質問者の精度が高まってくるわけではないので、公開討論を積み上げても、政策論議が活発化するというよりも、答え方・かわし方が上手くなってくる感があります。
短い期間の中で、全国各地を回り、移動時間を費やすのではなくて、地方議員との意見交換、鋭いジャーナリストとの討論などに時間を割いてほしいものです。

そんな中で、貴重な意見交換会の場に出席しまして、玉木雄一郎さんの政策力に圧倒されました。

私とインターンの大学生の感想をブログにまとめます。
党員・サポーター、地方議員の投票は、12日郵送必着と、時間も限られてますが、投票の参考にしていただきたいです。 


玉木雄一郎さんの理念 
リベラル保守
本来の自由を大切にした穏健な保守の政治
リベラル=社会民主主義な党内にあって、私だけでなく、多くの参加者が共感しました。)

進取の精神
ベンチャースピリット、新しいものへの挑戦でダイナミックな日本にしていきたい。  

党の組織改革
(新人議員として旧民主党のゴタゴタを眺めていた「離婚間近の夫婦の子どもみたいな」立場から)違う意見でもお互いをゆずりあい、一つの党としてまとまる。期限をきめて物事を議論し、一度決まったことには従うようにする。

行政改革
税金・保険料などの不透明さをなくす  。税金の無駄使いを徹底的になくす。野党でも質問ひとつで、何十億円の無駄をなくすことができている。


最重要な政治課題として、人口問題をあげる。
少子化を解決しなければ他の問題が解決できない。
子育て・教育政策は(子どもが大人になるまでと)時間がかかるから、この30年あまり重視されてこなかった。今やるべき。

子育て・教育政策の財源として、子ども国債を発行。子育てのために消費を抑えている世代でもあるから経済対策にもなる
年間5兆円の投資でGDP1%成長につながる。
他の候補者が貧困対策として、子育て・教育の充実を打ち出しているのと、理念は大幅に異なっています。自治体議員の立場からすると、貧困の状況は地域によって異なるから、自治体の独自施策も重要であると思っています。

高齢者の年金・介護は、税財源・保険料の中で対応する。と、子どものための投資と高齢者のための財政支出を明確に区分しています。
これも、福祉の充実という社会民主主義を基調とする他の候補者とは、大幅に異なっています。  


今回、印象的なのは、どの地方議員からも、憲法改正や野党共闘といった質問がなかったことです。党の進む道、国の社会保障の方針を示してもらいたいのが、地方議員の思いです。
また、義理人情浪花節を重んじて、選挙活動を展開してきた
玉木雄一郎さんのタフネスにも地方議員一同圧倒されました。

A8A3F473-7E57-468F-8F68-38C0E5B72C9B.jpg

私のような40歳のオッサンだけでなく、若い人に共感されるリーダーでもあるべきなので、
同席した私のインターンの女子大生Kさんの感想もご参考まで。

意見交換会は1時間という短い時間で行われましたが、そのなかで玉木さんは過去の事例やイギリス、アメリカの政策事例を度々出されて、型にとらわれず失敗例成功例を見定めながら方針を立てていることに気がついた。私はそのような玉木さんのリベラルな立場、そして、慣習ではなく事例から学ぶ姿勢に感激しました。 
posted by 岡高志(大田区議会議員) at 11:25| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

街宣活動 9月, 2016年

9月の街宣活動

C5A16C6A-1F33-49B8-A48F-09DDE32CABCD.jpg

8〜9月は、議員インターンの大学生を受け入れてますので、朝の駅頭を一緒に活動しています。

9月1日 朝の駅頭@石川台駅
9月2日 朝の駅頭@京急蒲田駅
9月6日 朝の駅頭@蒲田駅 西口
posted by 岡高志(大田区議会議員) at 17:23| Comment(0) | 政治活動_街宣活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする