2017年02月28日

ちょい乗りタクシーで蒲田蒲田間のスムーズアクセス!

こんばんは。大田区議会議員 岡 高志です。
いつの間にか(2017年1月31日から)タクシーの初乗りが410円になってました。
いつもギリギリワンメーターの区間では、ジリジリメーターが上がって値上げの影響をリアルに感じました(-。-;
正確には、6.5km以上の距離が常に値上げ、ちょい乗り部分が値下げされた分、短距離の価格設定が変更されています。

ちょい乗りする人にだけ値下げ効果があるわけだが、
ちょい乗り需要って本当にあるのか?
ちょいなら、歩ける。というかドライバーさんに気をつかう。。。
高齢者など歩くの苦手な人は、ちょい乗りしたい。でも、そんな都合よくタクシーがつかまるところばかりじゃないでしょう。


さて、大田区の蒲田では、JRと東急の蒲田駅と、京急の京急蒲田駅が800メートル離れてまして、乗り換えには大変不便とは有名な話。
JR・東急利用者が京急蒲田の先にある羽田空港にアクセスし難いのです。
だから大田区には、蒲田と京急蒲田を結ぶ蒲蒲線を引こう!という目標があります。

蒲田駅と京急蒲田駅の間の800メートルというのが、ちょい乗りタクシーにちょうどいい距離。
A3DCF382-5E77-4643-925C-60C25E454E02.jpg

実際に乗ってみると、やはり410円
43AFDB0C-C5CA-48DF-A623-35C8FD2F064F.jpg

きっと蒲蒲間でちょい乗り利用は増えてるだろうと、ドライバーさんに聞きましたら、
別に〜
とのこと。

それでも、蒲田駅前にタクシー並んでますから、
蒲蒲間のタクシーをぜひ活用しましょう!


posted by 岡高志(大田区議会議員) at 23:47| Comment(0) | まちづくり・交通・環境・防災・防犯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

街宣活動 2月, 2017年

2月の街宣活動

2月3日 朝の駅頭@蒲田駅西口
2月3日 節分 街頭演説@池上本門寺門前
2月7日 朝の駅頭@蒲田駅東口
2月8日 朝の駅頭@石川台駅
2月10日 朝の駅頭@大森駅東口
2月20日 朝の駅頭@蒲田駅東口
2月22日 朝の駅頭@大森駅西口
2月24日 朝の駅頭@大森駅東口
2月28日 朝の駅頭@京急蒲田駅

8693AF87-F08D-4A75-B0CF-1CF65F872D27.jpg
写真は石川台駅。セブンイレブンのCMロケ地にもなっています。
posted by 岡高志(大田区議会議員) at 11:58| Comment(0) | 政治活動_街宣活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

ふるさと納税に固執する菅官房長官

大田区議会議員 岡 高志です。

気になるふるさと納税の弊害。
ふるさと納税への対抗策が東京都で必要です!という記事も先月まとめまして、引き続きフォローしています。

朝日新聞デジタルの24日付けの記事が目をひきました。
ふるさと納税、前年度の2倍に 菅官房長官見通し:朝日新聞デジタル

論旨がハッキリしないので、官房長官の会見動画をチェックしてみることに

平成29年2月24日(金)午後 | 平成29年 | 官房長官記者会見 | 記者会見 | 首相官邸ホームページ


朝日の記者がふるさと納税について3回も質問してる。菅官房長官は、ただただかわすのみ。

【質問】高市総務大臣はふるさと納税の返礼品の見直しを検討している。ふるさと納税の創設者である菅官房長官は加熱する返礼品競争をどう考える?
【答弁】ふるさと納税の趣旨は、育ててもらったふるさとへの恩返しだ。高校卒業まで自治体が約1,500万円かけたのに、大人になって東京に納税する。だから、多くの人はふるさとにつながりを持ちたい、貢献したいと思っていると(菅官房長官は)思っていた。ふるさと納税がはじまって、活性化した地域も出ている。今年度はふるさと納税が昨年の2倍。糸魚川の火災の時には各地から寄付が集まっている。返礼品は、ほとんどの自治体が特産品を用いてる。総務大臣は、商品券や換金性の高い商品返礼率の高いものは見直しをしようとしているのだと思います。

【質問】都市部のふるさと納税への批判についてどう考える?
【答弁】自治体が競争していくことがまちおこしにとって重要だ。都市と地方の競争だけでなく、地方と地方の競争もあってしかるべきだ。

このやりとりから、菅官房長官のふるさと納税への固執を感じます。

ふるさと納税の趣旨は、育ててもらったふるさとへの恩返し
といいつつも、
糸魚川の火災の時には各地から寄付が集まっている。
ともいってしまい趣旨滅却。

返礼品競争は都市から地方への税移転にとどまりません。地方の人々も返礼品ほしさに他の自治体にふるさと納税してますから、地方から地方への税移転にもなります。税基盤の弱い地方もあるから、このケースの方が問題は根深い。

でも、菅官房長官は、
地方と地方の競争もあってしかるべきだ。

何がやりたかったんだろう?ふるさと納税

でも、言い出しっぺの官房長官が固執してるから、返礼品付きふるさと納税は廃止されなさそうだ。

ふるさと納税がはじまって、活性化した地域も出ている。だなんて、本当なんだろうか?
せいぜい、返礼品の納入業者が儲かってる程度じゃないのか?

朝日新聞の記者氏のさらなる活躍に期待したい。


DE6B7234-75E2-4511-8A9E-07C521F0A549.jpg




posted by 岡高志(大田区議会議員) at 01:21| Comment(1) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

議員インターン傍聴記 @大田区議会

大田区議会議員 岡 高志です。

この春もインターンの大学生を受け入れてます。
2年生女子と、1年生男子
普通の若者が地方議会をどのように感じるのか、それは私の議会活動のヒントにもなります。
この日は、大田区議会の本会議を傍聴してもらいました。12人の議員の一般質問を傍聴した率直な感想をこちらに引用しました。議員の名前はあえて出さずに、順番も適当に並べかえてます。(変な政治対立を生んでも困りますからね。) 


子供に対しての政策プランの質疑を多く出していた印象です。質問内容がとても分かりやすかったです。
オーラや質疑の仕方に議員歴が長い印象を受けました。一つ一つの質問に対し現状、具体例、問題点を事細かく論理的に構築しており思わず引き込まれました。

自分も蒲田駅周辺の品位には疑問を覚えていたので、自転車の押し歩きをはじめとする法案が早期実現してほしいと思いました。
公共問題について緩急のある話し方で質疑をしていたのが印象的でした。人口の多い区や駅にある問題点を炙り出し具体的な解決策を挙げていたのが良かったと思いました。

ひきこもりの児童の対応策として訪問相談等を行うといった答弁でしたが、もっと根本的な解決を図るべきだと思いました。
質疑した諸問題の現状はデータに基づいており説得力がありましたが、解決策に関してはやや抽象的であり根本的解決には不十分だと感じました。

他区の例を出しながら具体案を出していたので理解しやすかったです。
「自身の周りでも〜」という部分はソースとして不十分でしたが、他区での政策を挙げて比較しており分かりやすい質疑でした。

食品ロスについては先日のリサイクル施設の見学でも問題になっていたことであり、フードドライブについては早期拡充するべきだと思いました。
地域の子供への支援について質疑しておりましたが、地域で密接に繋がるための具体例をより挙げれば更に良かったと思いました。

時間の都合上か、質問に対してのしっかりとした答弁がされていないと感じました。
児童だけでなく高校生以上の子供にも一定数の貧困層が存在し、そのための政策も打つべきであるという質疑は奨学金を貰う一人の大学生として印象的でした。しかしながら問題自体が複雑化しており特効薬的な政策を打つのも難しいため、区全体として捉えるものと各家庭に目を向ける内容を細かく分けると更に良い方向へ進むのではと思いました。

質問時間が短かった印象でした。
少し引き合いにしたデータが古かったのですが、貧困世帯の現状は分かりやすいものでした。また話の組み立て方が上手く論理的で質疑と答弁が一致しているのが印象的でした。

自らの実体験に基づいた提案だったので説得力があると思いました。
自身の体験談に基づく内容で説得力がありました。ただ、区の施設における自販機と路上の自販機の管轄が異なるというのは辛口かもしれませんが些か勉強不足かと思いました。

冒頭から北朝鮮について話したり、区長、副区長に対しての批判を行ったりとインパクトが強かったです。具体例を出したりしていましたが、ソースが不明瞭な点もあったので少し気になりました。
率直にかなり濃い議員だなと感じました。更に質疑内容も慣例に関することで人事は一番変えにくい部分なため定例会で答弁する内容ではないだろうと思いました。

羽田空港から出立した航空機などの事故例や安全性などを質問してましたが、そこまで大規模なものならニュース等に出ると思うので議会で質問することなのか疑問に思いました。
全体的に質問内容に対して原稿が長く口説いなと感じてしまいました。また着眼点は良かったのですが既に決定済みの内容が多く掘り返せるものでは無かったので今回取り上げる内容であったかは疑問に思いました。

中小企業の支援ということで、物作り連携コーディネーターの人材増員をすることはとても効果的だと思いました。
具体的な数値や目標を挙げており、大田区の産業を初めて知る私にも現状や問題点が分かりやすいものでした。

老人施設のシャワーとトイレが一緒の空間にあるという話が衝撃的でした。
質疑が長く答弁の時間が充分ではなかったのが残念でしたが、答弁中に野次る所からやや感情的な方だと感じました。また議員側と答弁する職員側で問題に対する現状把握が異なっており、そもそも噛み合ってない気がしました。 


◎ 全体を通しての感想

初めて議会傍聴を経験し、このように進められているのだという雰囲気を知ることができ区政に対しての関心が高まりました。また答弁時のヤジが大きくうまく聞き取れないことがありました。

初めて聞いた単語や分からない制度があり全て理解する事は出来ませんでしたが、どの議員も彼らなりの信念を持っており、調査結果をもとに会議に臨んでいる事は分かりました。
特徴的だった事は、「子供や高齢者に対する福祉について」と「羽田空港跡地の利用法及び中小企業支援」が全質問の中で多くの割合を占められており、大田区共通のテーマとして日頃から話題になっているのだなと感じました。
ただ、自身の質疑に対する答弁が納得いかない、他人が話していて暇だからと言って野次るのは、如何かなと思わず眉を顰めてしまいました。 


なるほど、ヤジはいけませんね。

261DFAC5-D78A-4CD2-B18A-2436490ED853.jpg


posted by 岡高志(大田区議会議員) at 23:52| Comment(0) | 議員インターンシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

国民健康保険料の値上げと高額療養費制度

大田区議会議員 岡 高志です。
先日の総務財政委員会で議論になった国民健康保険について、国の動向含めて整理しておきます。

ご承知の通り高齢化が進んでまして、医療費負担が増加、ひいては、健康保険の保険料の値上がりにつながっています。
大田区の国民健康保険の基準保険料は 118,411円(年額)になる方向です。 
前年は 111,189円で6.5%増


保険料値上げの要因は2つ

国保加入者の高齢化
高齢化に伴って1人平均の医療費が増加します。
一方で、健康保険の加入対象が拡大したため稼働層の国保加入者数が減少しており、1人当たり医療費負担は上昇します。 

高額療養費の保険料賦課総額への算入 
23区では、高額療養費は保険料賦課総額に含まれていませんでした。国保の運営主体が区から東京都に移ることをみこしてか、平成26年度から段階的に算入されることになりました。 
平成26年度 25%、27年度 50%、28年度 67%、そして、29年度は 75%  
参考に特別区長会の国民健康保険についての解説ページより、下の図を引用します。
42C323F1-CD98-4D15-9F51-15A30BD6D999.jpg

高額療養費等が67%で211億円算入されてますから、 平成29年度 75%になったならば、236億円と25億円増加。
保険料賦課総額は 1.2%程度増加するものと思われます。

高額療養費制度は、医療費の自己負担が過重なものとならないよう、医療機関の窓口において医療費の自己負担を支払った後、月ごとの自己負担限度額を超える部分について、事後的に保険者から償還払いされる制度です。
高額療養費を保険料に賦課して加入者負担とするならば、保険料の値上がりを食い止めるべく高額療養費自己負担限度額の引き上げも検討するべきです。

現行の高額療養費自己負担限度額は下の表の通りです。
D3B92024-2E6B-4ABA-AF81-D3FFAB8CDD9B.jpg
第97回社会保障審議会医療保険部会 資料より引用

今年の8月には、一部の高額療養費自己負担限度額は下図の通り引き上げが予定されてます。
A4DDA16B-3605-49C5-869C-981A7EB5C1E7.jpg
平成28年12月22日付厚生労働省保険局高齢者医療課「高額療養費制度の見直し内容について」より引用

70〜74歳の自己負担にフォーカスが当たりました。
75歳以上の自己負担増にも早急に手をつけるべきでしょう。1,530万人もの加入者数です。所得がたとえ少なめであったとしても、老後の疾病にそなえた資産もあるでしょう。


これから、
基準保険料を所得ごとに割り付けたものを示して条例改正案が提示される予定です
毎度のことですが、低所得者層は保険料が上がらず、中・高所得者層の保険料だけがやたら値上げされることが予想されます。
中・高所得者層でも、すでに、保険料を年額60万円程度納めています。疾病リスクに見合わないくらい多額の保険料を納めなければいけない人が当たり前になってくると、国民健康保険制度の存続が危ぶまれます。保険料が高すぎて、もはや、国民健康保険に加入したくないとの区民の声もあります。

中・高所得者層の保険料だけをやたらに値上げすべきでないと思います。


posted by 岡高志(大田区議会議員) at 22:19| Comment(0) | 福祉・社会保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

北蒲広場は北蒲小学校跡地で、北蒲小学校の同窓会も解散するそうで

北蒲広場
ほっぽひろば
と読みます。

もともとは、北蒲小学校でして、跡地が活用されてます。
北蒲広場の名前で、運動場、体育館、多目的室(教室)が使用できる区民活動施設です。
適応指導教室「つばさ」(不登校の小中学生向けの教室)もあります。

8014F7AA-449D-43B3-8D21-851FC5A75DB4.jpg

小学校跡地は、区民活動施設だけでは使い切れないので、
産学連携施設も。
いわゆるインキュベーションオフィスです。

おおた少年少女発明クラブ
青いノボリが立ってます。
ものづくり大田区のものづくり教育の一環として、通年型の子ども向けものづくり教室が産学連携施設の一室で開催されてます。
実は、私も子どもの送迎に来ておりました。002618B1-FB10-4839-B451-B5DB5DA1C8BC.jpg

保護司会の更生保護サポートセンターもあります。
保護司会は各地にありますが、大田区は区長との関係性もあって、保護司会のためのセンターが設置されています。この場所で、保護対象の少年と面談ができるなど、保護司の活動を支えることができています。
925C7934-CD30-4325-BE72-2BC199481D9A.jpg

こうやって、廃校になった学校施設が有効活用されてることに強い興味を持ちます。

大田区の学校の多くがこれから耐用年数を迎えます。
統廃合も有意義な選択肢となるでしょう。
廃校になった校舎が有効に活用されることは、廃校という寂しさを吹き飛ばす何かかもしれません。


さて
北蒲小学校の最後の同窓会があるそうです!!
6月11日

99035E4A-A649-4EA3-86E0-3CC4D5EA753A.jpg

関係者の方はぜひご参加を!

posted by 岡高志(大田区議会議員) at 20:37| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

洗足池自然観察会 '17 冬

23回目の洗足池自然観察会。
今回はインターンの大学生Mさんにレポートしてもらいました。

観察員の先生から「キンクロハジロ」について学びました。キンクロハジロは金色の目に、オスは黒、メスは茶色の羽を持つ鳥で、エサは水に潜り貝などを食べるそうです。 
9F27CC82-4934-4791-951B-7ED8CCCE7D24.jpg


その他にも、カモの種類を沢山教えてもらい1時間ほど公園を廻りました。 F8AF59B3-4C0F-4520-8E63-F51AD3C1A018.jpg

 私は親御さんと共に廻ったのですが、子供はすぐ色んなものに気付き好奇心旺盛なため、普段なら見逃すような小さな事を探したり…と小学校の理科の時間を思い出しながら参加しました。
466750EA-82E4-4988-A0D0-2281B8DB8FEA.jpg

ここまで。インターンMさんのレポートでした。


041DD899-F165-4FC4-BADB-B2408F274A94.jpg
写真は、ゴイサギ
いつも木の上にいることが多いのですが、この日は葦の茂みで日向ぼっこ。
子どもたち目線な貴重なショットです。

いつもの観察員の先生方が、子どもたちにちょうどいい観察対象を探してくれます。


次回は
5月12日 日曜日 11時〜


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
洗足池自然観察会バックナンバー
第1回 2011春
第2回 2011夏
第3回 2011秋 (11月26日開催 ブログなし;)
第4回 2012冬
第5回 2012初夏
第6回 2012夏の夜
第7回 2012秋
第8回 2013冬in多摩川
第9回 2013春
第10回 2013夏(大雨のため中止しました。)
第11回 2013秋
第12回 2014冬
第13回 2014初夏
第14回 2014夏の夜
第15回 2014秋
第16回 2015冬
第17回 2015初夏
第18回   2015夏の夜
(中止)   2015秋
第19回 2016冬
第20回 2016春
第21回 2016夏
第22回 2016秋

posted by 岡高志(大田区議会議員) at 21:07| Comment(0) | ●市民活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大田区立学校の給食費が値上がりします。

4月から、大田区立学校の給食費が値上がりします。物価上昇や消費増税を反映した平成21年4月以来の8年ぶりの値上げです。
月額でおおむね7%の値上げになります。
F2419245-F55C-42C6-A23A-887D6D2388C7.jpg

23区で比較すると、大田区の給食費は低い水準でした。
BB251BC5-5BE1-4115-84AF-C2D8BAB420CB.jpg


posted by 岡高志(大田区議会議員) at 20:16| Comment(0) | 子育て・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする