2017年02月09日

大田区の待機児童対策 これまでとこれからと

大田区議会議員 岡 高志です。

大田区の平成29年度予算案が発表されました。

待機児童対策のいままでをふりかえりつつ、平成29年度予算案をお伝えします。

642BE0AA-B87C-4E85-9244-82BC00F813F6.jpg
大田区の財政負担である保育サービス経費(開設・運営費用など)は340億円まで増加しています。予算総額は2,573億円ですから大きなことです。(上の図は、平成28年4月 岡高志レポートより引用)

保育サービス定員は保育園の新設などによって毎年増加しています。
平成24年度384人
平成25年度505人
平成26年度1,049人
平成27年度556人
平成28年度600人(目標)

小池百合子都知事が待機児童対策を強力に推進されてますから、大田区での待機児童対策もさらに前に進むことが期待されます。

大田区の平成29年度予算案(一部)
・保育サービス基盤拡充 700人分 161億円
・保育士人材確保支援 6億円
(常勤保育士に月額1万円、宿舎借り上げ支援など)
・私立保育所へのAED設置助成 2,800万円


大田区の保育サービス定員は、14,800人の見込みです。


予算案が発表されましたので、追記しました。


posted by 岡高志(民進党) at 21:44| Comment(0) | 子育て・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大田区立小中学校 改築ニュース

大田区立小中学校の改築情報をまとめます。
改築イコール建て替えのことです。
新しい学校に生まれ変わります。

保育園開設ニュースをブログでまとめているけど、学校はどうなの?
というお声をいただいて、作成しています。

保育園は全員通うわけではありませんが、
小中学校は義務教育。
誰もが通る道です。

リーマンショック後の財政難から、改築ペースは当初の年2校から1校に減速。
ようやく、平成27年度から2校ペースに戻ったところ。
古い学校が特に大田区では多いので、ペースを上げるべきです。
必要があれば、統廃合も行って、早期に古い学校を更新することを求めています。

平成29年度予算案が発表されて、田園調布小学校と東調布中学校が新たに計画に入りました。

82C7006D-4871-42AC-B832-FC8F9F341F6E.jpg

嶺町小学校

平成27年度外構工事完成。
完成

東六郷小学校

平成29年度本体工事完成。平成30年度外構工事完成。

志茂田中学校

平成28年度本体工事完成。平成31年度外構工事完成。

志茂田小学校

実施設計済。平成29〜30年度本体工事。平成31年度外構工事完成。

大森第四小学校

平成27年度基本設計。28年度実施設計。平成29〜31年度本体工事。平成32年外構工事完成。

入新井第一小学校

平成27年度基本構想・基本計画。平成28年度基本設計。
平成29年度実施設計。平成30〜32年度本体工事。平成33年度外構工事完成。

大森第七中学校

平成27年度基本構想・基本計画。平成28年度基本設計。
平成29年度実施設計。平成30〜32年度本体工事。平成33年度外構工事完成。

赤松小学校

平成28年度基本構想・基本計画。平成29年度基本設計。
平成30年度実施設計。平成31〜33年度本体工事。平成34年度外構工事完成。

東調布第三小学校

平成28年度基本構想・基本計画。平成29年度基本設計。
平成30年度実施設計。平成31〜33年度本体工事。平成34年度外構工事完成。

田園調布小学校

平成29〜30年度基本構想・基本計画。

東調布中学校

平成29〜30年度基本構想・基本計画。



posted by 岡高志(民進党) at 20:50| Comment(0) | 子育て・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする