2017年05月25日

今年度の待機児童の状況 〜 平成29年度 大田区 保育園開設ニュース

大田区の平成29年度の保育所開設情報などについて更新していく投稿です。

保育園入園の申込については、「保育園の申込締切@大田区 相談はお早めに」もご参照ください。


2017.5.15 委員会報告
● 認可保育所(仮称)太陽の子 南雪谷保育園
H30年4月オープン
大田区南雪谷4-14
定員 56名
(0歳 6人、1歳 10人、2歳 10人、3歳 10人、4歳 10人、5歳 10人)

● 認可保育所(仮称)グローバルキッズ雑色園
H30年4月オープン
大田区仲六郷2-43
定員 54名
(1歳 9人、2歳 9人、3歳 12人、4歳 12人、5歳 12人)


2017.4.10 委員会報告
● 認可保育所(仮称)ながはらさくらさくほいくえん
H30年4月オープン
大田区南千束1-13
定員 76名
(0歳 6人、1歳 12人、2歳 13人、3歳 15人、4歳 15人、5歳 15人)




● 平成29年4月1日 待機児童の状況
572人
残念ながら大幅な増加。
年齢別には、0歳 208人、1歳 240人、2歳 60人、3歳 58人、4歳 5人、5歳 1人
引き続き保育園の新設が必要な状況です。

保育サービス定員と待機児童数の推移
7D57A1D8-838E-42D9-A675-DBB6D9984A5B.jpg
※ 待機児童数の新定義は、育児休暇延長することとなったケースも含めるようにして算定したものです。


● 平成28年度 待機児解消に向けての取組み状況
平成28年度全体で、717人の保育サービス定員が拡大しました。
これで定員合計は  14,153人
うち 認可保育所  117施設 11,455人(+552)
認証保育所  50施設 1,900人(+80)
小規模保育所 25施設 459人(+69)
事業所内保育所  2施設  13人  (+13)
定期利用事業  21施設 194人(+18)
保育ママ    132人(+9)
※うち数の増加人数は新設施設分。つまり、合計値が全体の純増値とは同じになりません。


昨年度に引き続いてブログで委員会で報告される保育所開設情報などを更新します。

保育園入園Q&A「保育園の申込締切@大田区 相談はお早めに」もご参照ください。

申し訳ありませんが、情報の正確性は保証しません。
詳細は大田区保育サービス課にお問い合わせください。




posted by 岡高志(大田区議会議員) at 09:17| Comment(0) | 子育て・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

東京の議員定数削減に向けた議論の構図〜練馬区議会

こんばんは。
大田区議会議員 岡高志です。

地方議員こそSNSで情報発信をだなんて改題で先日のブログを紹介いただきました。
議員みずから地域政治情報についての発信をしなきゃいけないということもあります。

さて、ひょんなことから練馬区議会で定数削減の議案が出ていたことを知りました。都内の自治体の話は、マスコミには滅多に取り上げられませんから、詳しくは練馬区議会議員のみなさまの発信が頼りです。私は議員定数削減は推進したいので、興味をもってまとめます。
一般の有権者の方は、
議員定数削減についてどう思われますか?

議員定数削減をめぐる議論を何人かの練馬区議会議員がwebで発言していたので、Googleの一面の検索表示上位順に引用します。
練馬区議会議員の知人がいないので、webベースでしか調べてません。ご意見あればお知らせください。


かとうぎ桜子議員『議員定数削減の議案』

反対
「身を切る改革が必要」というのであれば、議員の数を減らすのではなく、議員報酬を減らすという方法があります。

倉田麗華議員『練馬区、議員定数削減、費用弁償ゼロの議案提出〜第一定例会・最終日〜』

賛成
議員が身を切る改革を進めるべく、議員定数の削減を掲げて参りました。
定数が削減されることで競争力が高まれば議員の質の向上に繋がり、結果として区民サービスの向上に繋がると考えます。

賛成
『練馬区議会議員定数条例の一部を改正する条例』 練馬区議会公明党12名、練馬区議会民進党・無所属クラブ6名、都民ファーストの会練馬区議団2名、 練馬区議会維新の会1名、大改革自民1名、計5会派22名で提案しましたが、提案者以上に賛成者を得ることができず、誠に残念ですが否決という結果になりました。

練馬区議会議員定数条例(平成元年12月練馬区条例第59号)の一部をつぎのように改正する。
本則中「50人」を「48人」に改める。  付則  この条例は、つぎの一般選挙から施行する。


『練馬区議会議員の議員報酬および費用弁償に関する条例の一部を改正する条例 』も公明党が主導で、議長の決断で議会運営委員会として奇跡的に提案することができ、可決させることができました。



賛成
議員定数を50名→48名に削減する議案も公明・民進・維新・都民ファーストなど22議員の共同提出で臨んだが、自民・共産・ネットなどの反対により否決。長年続けてきた議会改革の議論。あと少しのところで実現ならなかったのは残念。公・民・維・ファVS自・共・ネという構図が今を象徴している。


橋本けいこ議員 本当の議会改革を!〜費用弁償と定数削減議案

反対
すでに2回練馬区は定数削減をおこなっています。現在の議員1人当たりの人口は14500人を超え23区で4番目の多さです。これ以上減らすことは多様な意見を反映する議会にならないと反対討論しました。


おじま紘平議員が指摘するように公・民・維・ファVS自・共・ネという構図がうまれています。
81890F3B-6B72-4238-993F-6C9174D4AF44.jpg
グラフは岡高志作成。"保守"・"革新"はざっくり分けてます。

大田区の議員である私がこの議員定数削減議案に興味を持つのは、相似点があるからです。人口はともに71万人。議員定数もともに50人。議会の勢力図も似通ってます。

08FC7077-EB91-4F98-9EA9-E343DAE4999E.jpg
グラフは岡高志作成。"保守"・"革新"はやはりざっくり分けてます。新会派結成のご報告でお伝えした私の新会派は便宜的に"維新"としておきました。

維新は議員定数削減に積極的ですね。
大阪府議会では2011年6月、議員定数を109から88へと21議席削減する条例改正案を維新の賛成により可決しています。

大阪で橋下徹知事に近い勢力で議員定数削減を実現したように、東京では小池百合子知事に近い勢力で議員定数削減が実現するかもしれません。

世田谷区議会も定数50人で、
公・民・維・ファVS自・共・ネという構図が拮抗してます。
自民党を離反する議員がいれば、定数削減も実現します。(もしも議案がでればの話ですが。)

3AA7B0D9-3F0B-4A04-B21C-8F9C29220DBB.jpg
※ グラフは岡高志作成。"保守"・"革新"はやはりざっくり分けましたが、社民系の保坂展人氏が区長の世田谷区なので、スタンスは違うかもしれません。

都知事選の余波が区議会に流れてくるかもしれません。

posted by 岡高志(大田区議会議員) at 22:24| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

ローカルメディアSNSは田舎にフィットするのか?

こんばんは。
大田区議会議員 岡 高志です。

地方議員の発信手段としてブログやSNSは便利なので、私は活用してます。

先日、ブロガー議員というカテゴリで活字メディアの取材を受けまして、逆にいろいろ気づかされました。

なぜ、インターネットで発信するのか?
当たり前じゃん。
無料で多くの人に一瞬で伝えられる。便利この上ない。

インターネットで炎上するリスクもあるよね?
リアルでもネットでも炎上しないように気をつかうに決まってんじゃん。
大人なんだから。

SNSは都会だから響くんだよね?
SNSユーザーに都会も田舎もないんじゃない。かえって田舎のほうがローカル情報の供給源としてのSNSを必要としてるでしょう。
でも、地域イベントが数多いコミュニティのほうが、シェアしやすいからSNSがフィットしますね。
まさに 大田区
昨日の洗足池春宵の響

とか、人の集まる良質なイベントがあります。今日の夜は、私、武蔵新田のちょい呑みフェスティバル
99197542-FF52-4196-B6C1-3B099C3FE1A4.jpg来週は、池上でもちょい呑みフェスティバル。
祭とか、ちょいちょいイベントあります。

地域イベントは地域のコミュニティをつなげるキッカケになります。もちろん、そこに政治的なものを打ち込むとおかしくなりますけどね。

私は、東日本大震災があった2011年から議員やってます(2011年ごろにはTwitterもFacebookも浸透しましたよね。)から、SNSベースのコミニュケーションは当たり前なんですよ。
好き嫌いとか、
効果がどうのとか、
考えることなく必須ツールとしてSNSやブログを使っています。

それより前に議員始めた人は、SNSが当たり前じゃなかったから、使いこなせない/使わないのかもしれません。


posted by 岡高志(大田区議会議員) at 00:52| Comment(0) | 大田区のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

大田区子どもガーデンパーティーをめぐる日曜日

ゴールデンウイーク直前の日曜日は毎年恒例の大田区子どもガーデンパーティー。
第63回ということなので、終戦の後から脈々と続くイベントですね。
地域の方々の手による子どもたちのためのイベントで、身近な環境の中で、子どもたちが地域の人々と触れ合う機会を作るとともに、地域のコミュニティづくりのきっかけにすることを目的としています。

実行委員会は 青少年対策地区委員会が中心に構成されます。
役所側は社会教育課がカウンターパート。社会教育課は教育委員会に属しますので、学校やPTA(おやじの会含む)、そして、スポーツ推進委員も協力団体として名を連ねます。
大田区では、自民党区長が世話役をつとめたボーイスカウトも協力しています。

もちろん自治会・町会や消防団も、濃淡ありますが、協力しています。

そうした団体が子ども向けのアクティビティや模擬店を提供します。
企画・準備・実行・打ち上げのプロセスを通じて、地域コミュニティの結び付きを強めます。

ただ多くの団体が参加するようですが、中の人はあまり変わらない。
PTA役員が子どもが卒業後は青少年対策地区委員会に入り、そして、町会の役員にもなっていたり、地域行事の担い手が固定することになります

多分にどこのまちでもおきることでしょう。
新しい担い手が必要でしょう。

子どもを持つ世代は遠慮なく、社会の担い手として手を上げましょう。

既存のネットワークに入るもよし、

新しいネットワークを立ち上げるもよしです。


さて、大田区子どもガーデンパーティーは10の地域に分かれて開催されます。


それぞれ特色がありまして、


平和島会場

広い会場で大田フェスタを想起させます。


吹き矢が2種類あったのが印象的です。

86EB188E-9109-406E-90D3-42CD5BEE9CEF.png


他にも、動物ふれあいコーナーがありました。



馬込会場

馬込第三小学校が会場で、あまり広くない中、各団体のテントが並びます。


茶室がありまして、お茶も愉しめるようです。



せせらぎ会場

多摩川駅の反対側で、恒例のトマトフェスタとフリーマーケットが開催されてまして、

多摩川駅全体で賑やかでした。



洗足池会場

開会式で国旗と鯉のぼりも掲揚します。

鯉のぼりの演奏は洗足池小学校スクールバンド。

89300223-8295-40BC-9E38-D02BC1F13C01.jpg


洗足池グラウンドの他に、桜山公園でフィールドアスレチックが充実しています。


多くのスタッフの方が、子どものアスレチックをサポートしているのが、印象的です。



萩中会場

子どもに人気の萩中公園がメイン会場で、多くの子ども達で賑わってました。


焼きそばは長蛇の列でした。

5CD96A38-76F5-428B-85B3-259ED760DE91.jpg


自衛隊東京地方協力本部大田支部の協力もありました。

自衛隊が子ども達にPRできる場所も必要でしょう。



警察・消防といった旧内務省系の組織だけでなく、自衛隊も震災復旧の現場で大きな役割を果たしていたわけですから。

E50366E7-3FD6-4AA2-9445-F4F31348B8A5.png

写真は、トウチくん。

トウ方協力本部から名付けたそうな。



矢口会場

多摩川土手を会場にしているので、広い空間を確保できています。

0C6E54A5-882A-4F00-8D08-5AC0BB34C646.jpg

土手の斜面を利用した滑り台が

人気でした。


様々なアクティビティがありました。

その中でも、玉入れ。誰でも参加可能で、いい運動になりました

752BAA15-9F97-4B42-A893-01BDA9EE2779.png


他にも、動物ふれあいコーナーがありました。



蒲田西会場

矢口小学校が会場で、コンパクトなスペースで賑わってました。


お化け屋敷が人気でとても並んでいました。

私は怖くて入れませんでした




以上、全10会場中、7会場をザッピング。

10時スタートで、14時には手仕舞いの空気が流れるので、7件程度が私には限界でした。

ちょうど、区長さんも全会場踏破を目指して、回られてました。
運転手付きの車でもないと、全会場踏破は無理だと思いつつ、
来年は、今日行くことができなかった、残り3会場を楽しみにしようと思います。


【追記 2017.5.15】
オリジナル記事は2014年のガーデンパーティー
その後毎年、ガーデンパーティーには参加しています。(地域の大きな行事に参加しない区議会議員なんてあり得ません。ブログには書いてませんけど。)

今日の所管委員会で、参加者数が報告されてましたので、貼り付けておきます。
会場によって集客数が全然違いますね。

B8F0C909-B278-43DD-BE7C-37028D5BB199.jpg


イベントカレンダーへ



posted by 岡高志(大田区議会議員) at 23:56| 大田区のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

洗足池自然観察会 '17 春


24回目の洗足池自然観察会。

春の洗足池は色鮮やか!
子どもたちは色探しをしながら観察しました。
2313CC35-BA07-489C-95BA-BAC167E23259.jpg
色探しのビンゴカードをもって洗足池を巡ります。

0F6B5F95-3DAA-4576-809F-032D813E38C6.jpgいつもの水辺には、コウホネの黄色い花
スイレンのピンク、白も美しく咲いてます

他にも
ショウブ、ハナショウブ、ツツジ、、、

一番多い色は緑。
深緑、黄緑、薄い緑、、、
目線な貴重なショットです。

元気な子どもたちは虫に興味を持ちますね。
テントウムシ(まだ幼虫が多いです。)、カマキリ、クモ、ヤモリ、、、


いつもの観察員の先生方が、子どもたちに合わせて楽しく解説してくれました。
ありがとうございます。

次回は
8月3・4日 木・金曜日 19時半〜
恒例 セミの羽化の観察です

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
洗足池自然観察会バックナンバー
第1回 2011春
第2回 2011夏
第3回 2011秋 (11月26日開催 ブログなし;)
第4回 2012冬
第5回 2012初夏
第6回 2012夏の夜
第7回 2012秋
第8回 2013冬in多摩川
第9回 2013春
第10回 2013夏(大雨のため中止しました。)
第11回 2013秋
第12回 2014冬
第13回 2014初夏
第14回 2014夏の夜
第15回 2014秋
第16回 2015冬
第17回 2015初夏
第18回   2015夏の夜
(中止)   2015秋
第19回 2016冬
第20回 2016春
第21回 2016夏
第22回 2016秋

第23回 2017冬

posted by 岡高志(大田区議会議員) at 20:06| Comment(0) | ●市民活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

安倍晋三総理が憲法改正に本腰も森友学園問題(アッキード事件)で弱腰になったのかも。

こんにちは。
大田区議会議員 岡 高志(今月、新会派結成しました。)です。

昨日5月3日の憲法記念日。自民党総裁である安倍晋三総理は2020年に憲法改正を施行するとの意気込みを表明されました。

憲法改正 - BLOGOS(ブロゴス)


憲法改正を悲願とする安倍晋三総理ですが、いままで総理大臣としてその意気込みを語ることは避けてきました。
今回は、自民党総裁と自称しつつも、安倍晋三総理が憲法を改正して2020年の施行を目指すと公式に報じられていまして、安倍晋三総理の強い意気込みを感じます。国会も含めて、広く憲法改正への議論が深まってくるものと思います。

安倍晋三総理が掲げた憲法改正のポイントは、
自衛隊を憲法に明文化する(9条平和主義は堅持)
高等教育の無償化


従来の自民党の憲法改正草案に示されていた考え方で目立つのは、
国防軍と明記
天皇元首制
国民の権利を制限する国家主義的色彩

これらについては、安倍晋三総理から語られず姿を消しました。

自民党憲法改正草案については、2012年の私のブログ憲法改正論議。各党改正案のまとめ。をご参照ください。


安倍晋三総理の思想からは大幅に姿を変えたものと思います。
公明党や維新の会の主張を容れた姿勢は民主政治のなかで評価できます。
さらに、広く国民の声に耳を傾けて、21世紀にふさわしい憲法論議が進むことを期待します。

一方で、従来の自民党の憲法改正論の中心にあった日本会議的なものが後退したのでしょうか。

森友学園問題(アッキード事件)によって日本会議的なもののあやうさが国民に広く浸透したことも影響するのかもしれません。

森友学園問題(アッキード事件)は、財務省が政治力が背景にあると容易く国有財産を安く払い下げてしまう現実をあらわにした件でしたが、立憲主義が日本会議的なものにおびやかされるのを押しとどめた側面もある。
と言ったら言い過ぎでしょうか。


1BB0F4F2-6E4D-474E-8131-53DF1EF2F245.jpg

posted by 岡高志(大田区議会議員) at 18:58| Comment(0) | 安倍政権メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

新会派結成のご報告

大田区議会において
新会派「たちあがれ・維新・無印の会」結成
〜自民・公明・共産に次ぐ交渉会派となります〜

5月1日、大田区議会において、新しい会派を結成いたしましたので、お知らせいたします。
概要はつぎの通りです。

会派名称      たちあがれ・維新・無印の会(略称「無印」)

所属議員      犬伏 秀一、岡 高志、荻野 稔、三沢 清太郎 以上 4名

会派幹事長   荻野 稔

共通政策
●身を切る改革(議員定数削減、議会費削減、費用弁償廃止)
●行財政改革
●区政の情報公開促進

結成の趣旨
政党の枠組みを超えて議員が結集し大田区議会での議論を活性化するべく結成いたしました。会派として政策提言活動・情報発信を積極的に行い、保守派の改革勢力として、区民本位で区政改革を進めてまいります。

DB372479-2C26-4C3D-860C-311577A95001.jpg

======================

政党の立場を離れますので、より一層の緊張感をもって自分自身の持てる力を区政改革に注いでまいります。
これまでのご愛顧に心から感謝申し上げるとともに
これからもご支援賜りますようお願い申し上げます。

大田区議会議員  岡 高志


posted by 岡高志(大田区議会議員) at 16:50| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする