2017年06月01日

都議会議員と候補者の政治資金収支報告をみてみましょう。

こんにちは。
大田区議会議員 岡高志です。

4年に1度の都議会議員選挙が今月6月23日に告示されるので、地元の議員の活動状況を知りたいと思いますよね。

地元の議員がどんな活動をしているのか、政治資金の収支報告書から読み取ることができます。
もちろん、活動の一端しかわかりませんけど、政治資金のボリューム、どこから寄付をいただいてるのか、地元の土地勘があるとイメージはふくらみます。

ブログ読者のみなさんが、地元の議員の活動をチェックするヒントになればと思いまして、大田区選挙区で再選をねらう現職議員の収支報告書をひろってみました。区議会議員から立候補する新人も収支報告書が開示されてるので、あわせて並べています。敬称略で失礼しております。

東京都選挙管理委員会のホームページ〜政治資金収支報告書から閲覧することができます。政治団体名と議員名が同じではないので、探すのには工夫が必要です。

収支報告書の寄付者リストの法人名や個人の職業欄からどこから支援を得ているのかわかります。
自己資金を寄付しているのも散見されます。都議会議員の資金管理団体への寄付は寄付控除の対象になります。自己資金を移動しただけなのに、税務申告をすれば、寄付控除として税金の還付を得ることができます。詳しくは、過去ブログパナマ文書よりも、舛添知事の収支報告書よりも、議員の政党支部を使った脱税の方がいかんよ!をご参照ください。

神林茂 (自民党)
東京都大田区第七支部 寄付 5百万円、パーティー 7百万円
神林茂の会
二十一世紀会

鈴木あきまさ (自民党)
自由民主党東京都大田区第十五支部寄付 9百万円、うち本人 2百万円、パーティー 3百万円
鈴木あきまさ後援会

鈴木あきひろ (自民党)
自由民主党東京都大田区第二十二支部寄付 16百万円、うち本人 6百万円、パーティー 6百万円
鈴木章浩後援会 パーティー 8百万円

藤井一 (公明党)
藤井一後援会

遠藤守 (公明党)
遠藤守後援会寄付1百万円、パーティー5百万円

佐藤伸(共産党)区議
佐藤伸後援会

森愛 (都民ファーストの会)区議
もり愛後援会

やながせ裕文 (維新)
やながせ裕文後援会 寄付4百万円、全額本人

特段、資金の動きのない政治団体については、コメントしていません。


ちなみに、私の政治団体岡高志後援会は、平成26年には個人の方々から、108,500円のご寄付をいただいております。
見返りを求めずに応援していただける気持ちに感謝しております。事務所の経費として活用させていただきました。
さらに精力的に政治活動をしてまいりますので、ご寄付いただける方は、ご連絡ください。

side_tel.gif



posted by 岡高志(大田区議会議員) at 12:13| Comment(0) | 選挙制度・議会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする