2015年01月15日

大田区の組織改正の主なもの 2015

毎年4月1日には、大田区役所の組織改正があります。

2015年度の組織改正の主なものを以下まとめておきます。

社会教育課が廃止になり、

地域力推進部に 青少年健全育成担当課長、生涯学習担当係長、青少年担当係長が新設。
平和島ユースセンターもここの所管に。

観光・国際都市部に 文化振興担当課長、スポーツ推進担当課長、ほか、各係長が新設。(もともと、文化振興担当の副参事はいたんですけどね。)
郷土博物館もここの所管に。

文化財担当係長は、教育総務部の図書館の所管に。

学校施設担当は、教育総務部 総務課 教育地域力推進担当係長に。


総務部には、
法務担当課長 新設。


福祉部には、
障害者総合サポートセンター担当の部長ポスト新設。
援護担当課長 ー 生活困窮者自立支援係 新設。
高齢福祉基盤担当課長 ー 総合事業担当係長、基盤整備係、居住支援係 新設。
発達支援担当課長 ー 児童発達支援係 新設。
こども家庭部の発達支援担当課長は廃止。


健康政策部 新設。
地域保険法に基づく保健所業務に加え、健康施策を幅広く推進する体制整備のため。

健康医療政策課長 新設。

連続立体事業本部が廃止になり、
連続立体担当課長が都市基盤整備部に移管。

環境清掃部
地球温暖化・エネルギー対策担当課長を廃止し、担当係長 新設。






posted by 岡高志(大田区議会議員) at 17:04| Comment(0) | ●政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。