2015年07月07日

SHIP 品川産業交流支援施設 (続) 創業支援施設をめぐる旅

区議会議員 2期目のスタートより始めております創業支援施設をめぐる旅この日は、6月にオープンしたばかりの
オープンしたばかりで、視察のアポイントが難しい状況でしたが、今回、所長さんのご厚意でご案内いただきまして、
区議会の民主党会派として、森議員、松原議員ともに視察に訪れました。

A65826C4-2D6B-4E39-80A3-3251ACA71A3B.jpg

受付カウンターの黒板には、クリエイティブな雰囲気のチョークアートでワクワクする雰囲気が醸し出されています。左の青いロゴマークはチョークではなくプロジェクターで投影されています。

SHIP 品川産業支援交流施設は再開発ビル「大崎ブライトコア」の4階、1,300m2を会員制のコワーキングスペース、工房、レンタルオフィスによって構成されています。

コワーキングスペースの利用料は 個人月額 8,640円〜、 一時利用は1時間 540円 となっています。

661AF631-1E09-403A-88DE-4A23EA8EC1DF.jpg
会員の利用料は、ICカードで決済します。

コワーキングスペースの雰囲気はこんな感じ(SHIP 品川産業支援交流施設 ホームページより)
0000.jpg

カウンタースペースは、食事が可能なスペースで、将来的には飲食物の提供も考えているとか。
0A566D6E-B93E-4895-9907-6120CD0982FD.jpg

コワーキングスペース中央には、多目的ルーム。
0000.jpg

家具(だいたい コクヨ )がすっきりしたデザインであったり、会議室の壁がほぼほぼホワイトボードとして使えたり、クリエイティブな雰囲気です。

雰囲気だけでなくて、設備も、3Dプリンターが2種類 3台設置されています。
05648764-A9D4-4B01-A606-A25F417A10D9.jpg

E6BC9CA0-7297-4E75-93F8-32CB12418D7B.jpg


設備に関しては、
工房が2室あって、そこには様々な装置が設置されています。

ファブラボですね。
ここは。


【工房1】
B897152D-6648-43F2-9969-C820C5227A8E.jpg


E36148C0-C85D-44E9-B551-3FA29323EDA3.jpg
大きな3Dプリンター
KEYENCEのAGILISTA


他にも顕微鏡があります。もちろん、小学校の理科の実験器具のレベルではありません。

2E91F66F-0788-462A-B73B-534C93EE7AAA.jpg


7D846B97-27B6-4348-B42B-3A249C7AE1FB.jpg


【工房2】

工房外側のロビーエリアには、窓に照射するプロジェクターが3台配置されてまして、様々なプレゼンテーションがなされるようです。
77440CC5-0CDB-4600-8ABC-29C5BE4849BB.jpg

工房2の中にも様々な装置があります。

3CB35E20-B1F9-49B0-8F41-887446375F4C.jpg

E6BBF50D-B640-44F5-A691-939778AED071.jpg


F21155C8-CAD8-48A3-BDFC-0C57669F56D6.jpg168A7683-EC27-454C-BF6E-EBBFDB35DE34.jpg9AA06BF0-7A63-4D59-98B0-6CD1B371126A.jpg


2つの工房には、いろいろな装置があります。どれがどれだかわかりませんが、

レーザーカッター、測定顕微鏡、電子顕微鏡、金属用カッター、卓上自動研磨機、3Dレーザースキャナー、などなど設置されております。

そして、入居オフィスの方は 24時間利用可能!
だそうです。

ちなみに、レンタルオフィスの入居企業は地元にこだわらず、日本全国、そして外資系企業も入居されているそうです。
産業福祉ではなく、産業創造機能がここにはありました。


3階部分は、300人収容可能なホールになってます。

バーカウンターと、十分なラウンジスペースもあって、休憩時の飲み物提供も可能です。

00456D77-FF44-4FF2-98D3-68A30DD1A2B2.jpg


大崎の新しい再開発エリア、大崎ブライトコア。
新しい街が突然に現れます。

642823D2-A883-419E-B905-753E2B064D69.jpg

これから、駅からのペディストリアンデッキがつながって、大崎ビジネスエリアがさらに拡大します。

B08B6126-E385-4C18-BA73-6073C4DE736A.jpg

おとなり品川区がますます発展していく中、大田区としてどのような産業振興モデルを描くのか、大きな課題です。

これから、大田区の産業振興にフォーカスしていきます。






posted by 岡高志(大田区議会議員) at 20:19| Comment(0) | 産業・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。