2015年11月20日

区内の学校の授業視察も。

どうしても視察というと、区外や海外と外に出かける報告が増えますが、区内の学校も自分の興味の向くままに視察しています。

対応していただける教職員の方々に感謝です。
大田区の教育の質の向上につなげてまいります。

さて、今日は石川台中学校で体育のダンスの授業を見学、そして、蒲田小学校で法教育実習、また大岡山に戻って、清水窪小学校のサイエンスコミュニケーション科の授業を見学させていただきました。
学校の中に入る日程が続いたので、ブログにした次第です。学校内部の写真はあまり撮らないので、伝わりにくいですが、ご容赦ください。


ダンスの授業 2年前から必修化されてます。体育館で男女合同で実施されてました。スポーツジムのスタジオでやってるエアロビクスレッスンの様なノリで音楽に合わせてリズムをとっています。スピーカーは先生の私物の様で、学校の備品が充実していないのではと感じます。⇒これ、さっそく、来週の議会質問で言おうっ!

ダンスの授業に向いた大型の鏡が付いてなきゃいけないなと、も思いました。
様々なカリキュラムがあるのだから、学校設備も対応しなきゃいけません。

肝心のダンスについては、男の子があまりステップを踏めてませんね。いろんなダンスレッスン動画をみて練習した方がいいでしょう。そうした動画をみれる環境も体育館に常備されるべきかもしれません。

法教育東京都行政書士会大田支部で実施しました。
東京都行政書士会大田支部による法教育は、2013年度から始まりました。実は私も法教育ワーキンググループのメンバーとして、最初から関わっています。ちなみに、私、行政書士でもあります。ご相談ありましたら、お気軽に。
1066D8F1-0126-4397-B335-6F2978062598.jpg

初年度は、赤松小学校で実施しまして、その評判から今回は蒲田小学校からオファーを受けた次第です。契約とはなんぞやを教えながら、行政書士による予防法務の意義も伝わればよいのかとやっております。

2コマの時間でしたが、100人近い小学5年生が集中して学んでくれました。うれしい限りです。


最後は、
サイエンスコミュニケーション科
清水窪小学校は、2013年度から、文部科学省教育特例校として、サイエンスコミュニケーション科という教科を新設しています。近所の東京工業大学との連携により、理科教育及び理科教員研修を推進していまして、これを一段進めたものが、サイエンスコミュニケーション科です。
 1・2学年は年間35時間の時間増、3-6学年は総合的な学習の時間を年間35時間削減して、時間をあてています。

この日、見学したのは、2年生の音。
音がどの様に伝わるのか?
水の入ったグラスを鳴らして合奏するという、大変楽しげなアプローチで学習していました。
先生の授業力によるところが大きく、こうした特色ある教育活動の意義を強く感じました。

他にも、東工大の研究室訪問、JAXA訪問、動物園に数度通って動物の生態を学ぶ、骨から知る動物の暮らし、などの授業があります。新しい試みだけに、先生の創意工夫も重要です。

あわせて、 学区外からの児童の越境入学も特別に認めているので、電車通学の児童も多く、登下校の指導も苦労があるそうです。

2016年1月22日は授業発表会もあるので、また、勉強にうかがいます。


ちなみに、明日は、赤松小学校での学芸会から日程スタートです。
行事ごとでの学校訪問の機会が、議員の立場上、多いわけですが、自分で機会を作って通常の学校も視察させていただいています。


改めて、ご協力いただいた校長先生はじめ教職員の皆さまに感謝申し上げます。


こちらも、ご参考まで。







posted by 岡高志(大田区議会議員) at 22:10| Comment(0) | 子育て・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。