2016年08月20日

子どもの貧困対策を足立区で学ぶ

子どもの貧困対策 東京議員懇談会の活動で、
足立区の子どもの貧困対策についてのお話をうかがってまいりました
たいへん有意義な内容でしたので、まとめておきます。多岐にわたる内容ですので、ややまとまりを欠いていますが、ご容赦ください。

9472D818-B269-4A4C-B890-B45B57C17841.jpg

貧困概念は、経済的な貧乏だけではない。社会的孤立、健康など成育環境全般にわたる複合的な課題です。
子どもの貧困対策は、救う、ことだけではなく、予防することだそうです。
所得格差の是正は自治体の仕事でなく、国の仕事。区として、子どもの貧困を予防するために取り組んでいくことになります。

例えば、
・治安対策
刑法犯の大幅減少
・学力向上
学力テスト改善
・健康予防
飲食店へのサラダ推奨しての糖尿病対策

そうしたものの根っこにあるのが"貧困の連鎖"

具体的には以下のような取組方針でのぞみます。
  1. 全庁的な取組み

  2. 予防・連鎖を断つ

  3. 早期かつきめ細やかな施策の実施

  4. 学校をプラットフォームに
  5. (スクールソーシャルワーカーも6人に、さらに、倍!)

  6. リスクの高い家庭への支援
  7. (コスト制約のため。妊産婦訪問の強化。ひとり親家庭の就労支援の国費負担を上乗せ。)

  8. NPO等との連携

  9. 国、都等への働きかけ

特に、興味深い取組として、
高校中途退学者と進路未決定者の発生防止
東京都教育委員会主催の「足立・葛飾地区都立高校 生進路支援連絡協議会」に加え、足立区教育委員会主催の「高校中途退学に関わる中学校・高等学校連 絡協議会」等において、都立高校が取り組む教育活動について情報交換するとともに、区からの情報提供や提案を行います。


足立区では、全ての小学1年生の家庭を対象にアンケートをとり実態調査を行っています。
大田区では、今年度、全ての小学5年生を対象にアンケートを実施。

その中で興味深い結果を2点だけ引用します。

生活必需品の非所有世帯が、15%
(貯金5万円無い世帯が11%もいるんですね。)

1F11A33F-9EFD-4CF6-B211-7CABBA5D6415.png


親の就労状況が示されまして、専業主婦が、25%にとどまってます。
9BFA2CCB-454B-420B-AC09-6B7B08562AAC.png



参考サイト:


平成26年1月「子どもの貧困対策の推進に関する法律」が施行、平成26年8月「子どもの貧困対策に関する大綱」が制定され、各自治体でも子どもの貧困対策実施計画が策定されはじめています。

大田区役所でも今年から子どもの貧困対策担当課長が設置されまして、足立区に習いつつ、本格的に対策を検討しているところです。
すこやか赤ちゃん訪問に加えて、今年度から、かるがも事業がはじまりまっています。保健師、助産師、看護師など専門職を 6 名雇用し、 すべての妊婦と面談を行います。区役所本庁舎のほか区内4か所の地域庁舎で面談に応じます。

 私も、各地で学んだことをしっかりと区政に反映して、子どもたちの未来を守ってまいります。



posted by 岡高志(大田区議会議員) at 09:46| Comment(0) | 子育て・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。