2016年08月31日

視察: 佐賀県業務改革の取り組み〜テレワークの推進〜

8月29日〜31日、大田区議会 総務財政委員会の公務視察で九州方面に行ってまいりました。
初日は佐賀県庁で、業務改革の取り組み〜テレワークの推進〜について、お話をうかがいました。

佐賀県庁では、職員数の減少、昨年は新規採用者 136人中、57人が民間枠という状況で、職員の働き方の改革が求められています。
テレワークによって、ワークライフバランスを推進しようとのことになりました。
テレワーク1次 2008年1月〜育児をする職員が対象 600人のうち、利用者 10人
テレワーク2次 2008年12月〜 育児・介護をする職員が対象1,000人のうち、利用者 16人
テレワーク完全実施 2010年10月〜 対象3,000人のうち、 利用者 11人

テレワーク利用が低調だったために、ICTを活用して改善しまして、 2013年8月〜 iPad 1,000台、サテライトオフィス13ヶ所、5年で11億円を投入しました。
タブレットでも決裁できたり、報告書を作成したり、テレビ会議ができまして、職員からはおおむね好評で、残業時間も減っているそうです。

5551A082-56E6-4E5E-9988-0808DDC517FD.jpg

われわれに対してのご説明も、タブレットで、アプリ"more NOTE"を使いました。

普通の会社と同じになったということなんでしょうね。


大田区役所でも、職員がタブレットを持ってます。
どこまで、業務改革につなげているのか、今後興味を持って話題提起してまいります。


posted by 岡高志(大田区議会議員) at 17:29| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。