2016年09月24日

23区はお金が余っている〜H27決算〜

9月2日に平成27年度 東京都特別区普通会計決算の概要が発表されていました。

昨年も述べましたが、変わらない状況なので、また同じようなことを述べます。

東京の23区の中心的な税源は、区民税です。  
近年は所得が上昇しており、税収増につながっています。  
23区各区では、歳入が歳出を超過する状態が続いています。  

民間企業であれば、歳入が歳出を超過する「黒字」はいいことです。 株主・経営者が利益を分配できます。  
でも、自治体で、歳入が歳出を超過するのは、お金が「余った」にすぎません。  

住民福祉の向上に努めるのが、自治体の責務であって、 今後の住民福祉向上の計画を示すべきでしょう。もしくは、お金が余らないように、税率を下げたっていい。  


歳入歳出差と歳出に対する割合を23区平均でみてみます。  
・平成24年度決算 50億円 3%  
・平成25年度決算 58億円 4%  
・平成26年度決算 59億円 4%  
・平成27年度決算 62億円 4%

23区でお金は余っているようです。

ACADB3C8-66EE-4EA0-A7C1-324805448FDC.jpg
上の表は、各区の昨年平成27年度決算の概要。  

わが大田区が126億円と最も歳入歳出差があります。  

この4年連続で、わが大田区だけが 100億円以上の歳入歳出差が生じています。 
つまり、お金が余っています。  

大田区では、単年度の予算を使い切っていません。 
安く済んだので、余りましたよ。 
ということならOKですが、 
やろうとしたことが全て出来ていない。  

一方で、お金が足りなくなるかもしれないから、要望された事業は計画できませんとか行政は主張しています。   

こうした状況ですので、 区民の皆様、納税者の皆様、  区の財政出動を遠慮なく要望してください。  

もしくは、税率を下げることも主張しましょう。  


posted by 岡高志(大田区議会議員) at 13:52| Comment(2) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
「大田区はお金が余っている」のですか?
それなら、東日本大震災による地盤の劣化を何とかしていただきたいです。
私の町は海のほうではありませんが、かなり地盤が悪くなり100メートル先に車が走るだけで、一戸建ての2階に住む私の部屋は揺れます。

次に大きな地震が来たらもうダメでしょうね、この道や住宅たちは。

しょっちゅう水道工事ら何やらで道に穴をあけていますが、それをされるたびに地盤が柔らかくなるのでは、とそればかり考えます。
予算を帳尻合わせの工事などに使わないで、住宅地の地盤改修に使っていただきたいです。
こうしたことはどこに相談したらよいのですか?

質問はもうひとつ。
我が家も含む10メートル以内の一戸建てが急に「民泊申請」され、ポストにチラシだけ入れられ、そのチラシも理解不能・不十分な内容で、とりあえずあらゆる関係業者に電話して話は聞いたものの怪しげな対応に納得できず、反対意見書・周辺住民の署名を出したのに、区役所はなぜか認定をくだしました。
1か月もたたないうちにですよ?

しかももっと調べると、事業主による「説明義務」が10メートル以内の住人全員に知らされていない事も分かり、また、申請時書類には「周辺住民の理解が得られたプロセス」を書くようですが、理解なんか誰一人としていない状況で、虚偽の申告をしたのか?よく認定が降りたものだと呆れ果て、まだだれ一人として納得いっていません。
「終の棲家」として何十年も前にマイホームとして購入して暮らし、町内会で真冬の深夜にも町の安全を守り、増えてきた子供たちの安全も守り、といろいろしてきたことが全て打ち砕かれた気持ちです。

区役所のガイドラインなどお読みになりましたか?
特に「別紙5」について、おかしいと思いませんか?近隣住民の事は完全無視ですよねあれ。
また、説明義務をきちんと果たさないまま事業主が「報告書」を提出したのであれば(結局そうですが)早々に認定取り消ししてほしいのに、区は関わりたくないそうです。
おかしくないですか?笑っちゃいますよね、区で決めたことなのに。無責任すぎます。

区長に手紙を出せば、なんて言われても何十万人もいる区民の声なんか、区長がいちいち毎日読むわけがありません。返事だってこないでしょう。
こうしたことを区と話し合いたいと言っているのに、区は逃げていますよ?
議員の先生としてはどうお考えになりますか?

私は外国人排除という考えではありませんし、差別をしているわけではありません。ですがマナーや文化はやはりどこの国に行っても、慎重な日本人だって困惑し、守ることは難しいでしょう?だって知らないんですから。1回教えられたところで覚えられるわけがない。
今回、業者は「日本語は無理なので、翻訳機能の付いた機械で翻訳してやり取りしてください」「でも隣近所と付き合わせないので大丈夫」とか、バカげた話もしてきます。
隣近所と付き合わせないなら、麻薬取引所にされたり、幼い子供が誘拐されても気づけない。
場所は通学路ですよ?それも幼稚園まで1分、小学校まで3分、中学校まで7分ほどの。
さらに駅まで4分。直行で駅に続く道でもあります。

区のほうでは担当人数が片手ほどです。正式な課もありません。そして私たちに問題や不安は丸投げです。
議会でもっと深く話し合いはしなかったのでしょうか?どう見ても見切り発車です。
ここは羽田空港に近くない町なのに「空港に近いので」なんて。
1時間以上かかる場所が「近い」なんて誰も思いません。
こんな事をしていたら、逆に外国人差別を助長します。外国人による犯罪で「やっぱりね、あの時言ったでしょう?」なんてなりますよね。
私達10メートル以内の住民しか民泊場所を知らないんですから、そこから先の住民たちは「あなたたちは知ってて最初にストップさせられなかったのか。何やってたんだ」と、要らぬ近隣トラブルも起きかねません。「終の棲家」そして「ふるさと」でそんなこと、まっぴらです。

何か起きてからでは遅いんですから、反対意見が大半を占めているなら、その物件は認定取り消しにすべきです。
すでに区の対応と業者のやり方に不信感しかなくなっているこの場所では、外国人だと言うだけで人々は良く思わないでしょうから、その外国人だって楽しく日本に滞在なんかできませんよね。

たくさんのリスクがわかっている事を、当事者たちが訴えているのに聞く耳持たずで、業者の申請を信用する大田区。
理解を得てから認定を下すと書いてあるのに実際はずさんで、その業者がどんな業者かすらも調査していない。条例を自ら破っている大田区。
区民の声は区役所にすら届きません。

すでに今後の不安と、勝手に私道に車で入り込んできて道をふさいで、何をしているか教えないというその業者のやり方にストレスを感じ、体調を崩してしまった人もいます。
大問題の始まりではないでしょうか。

私達はどこに訴えたらいいのですか?
というか、私はむしろ、今回の民泊条例決定までの経緯と共に、そういう問題点についての話ができる場があるなら、直接うかがって議会以降の流れと今後の見解を、区議会に聴きたいのですが。
そういう場って持てますか?
教えてください。

ずーっとこの町に生まれ育ち、東京都と大田区に貢献してきた私達が、まさか区に守ってもらえず、我慢を強いられるとは。
こんな思いをしている区民がいる事は、他の町の人の多くが知らないでしょうね。

メールでやり取りしたほうが良い話題でしたら、メアドを書いて投稿します。ただメアドが公開されるのは困るので、そこだけは気を配っていただけるなら、メアドをお知らせします。
真剣に受け止めていただきたい話題ですし、この問題に関心のある他の議員の方にもお話しできるのでしたらご紹介ください。心よりお願いします。
Posted by 区民 at 2016年09月27日 02:24
区民さま、
コメントいただきありがとうございます。

あまりに具体的なご相談なのでメールいただけますか。

ご自宅のご住所、民泊施設の住所など
お知らせください。

お時間がよろしければ、ご自宅でお話をうかがうこともやぶさかではありません。

岡 高志
oka@okatakashi.net
Posted by 岡高志 at 2016年09月29日 14:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。