2017年05月04日

安倍晋三総理が憲法改正に本腰も森友学園問題(アッキード事件)で弱腰になったのかも。

こんにちは。
大田区議会議員 岡 高志(今月、新会派結成しました。)です。

昨日5月3日の憲法記念日。自民党総裁である安倍晋三総理は2020年に憲法改正を施行するとの意気込みを表明されました。

憲法改正 - BLOGOS(ブロゴス)


憲法改正を悲願とする安倍晋三総理ですが、いままで総理大臣としてその意気込みを語ることは避けてきました。
今回は、自民党総裁と自称しつつも、安倍晋三総理が憲法を改正して2020年の施行を目指すと公式に報じられていまして、安倍晋三総理の強い意気込みを感じます。国会も含めて、広く憲法改正への議論が深まってくるものと思います。

安倍晋三総理が掲げた憲法改正のポイントは、
自衛隊を憲法に明文化する(9条平和主義は堅持)
高等教育の無償化


従来の自民党の憲法改正草案に示されていた考え方で目立つのは、
国防軍と明記
天皇元首制
国民の権利を制限する国家主義的色彩

これらについては、安倍晋三総理から語られず姿を消しました。

自民党憲法改正草案については、2012年の私のブログ憲法改正論議。各党改正案のまとめ。をご参照ください。


安倍晋三総理の思想からは大幅に姿を変えたものと思います。
公明党や維新の会の主張を容れた姿勢は民主政治のなかで評価できます。
さらに、広く国民の声に耳を傾けて、21世紀にふさわしい憲法論議が進むことを期待します。

一方で、従来の自民党の憲法改正論の中心にあった日本会議的なものが後退したのでしょうか。

森友学園問題(アッキード事件)によって日本会議的なもののあやうさが国民に広く浸透したことも影響するのかもしれません。

森友学園問題(アッキード事件)は、財務省が政治力が背景にあると容易く国有財産を安く払い下げてしまう現実をあらわにした件でしたが、立憲主義が日本会議的なものにおびやかされるのを押しとどめた側面もある。
と言ったら言い過ぎでしょうか。


1BB0F4F2-6E4D-474E-8131-53DF1EF2F245.jpg

posted by 岡高志(大田区議会議員) at 18:58| Comment(0) | 安倍政権メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。