2017年06月26日

議事速記が必要な議会にも変革の流れが来ています。

こんにちは。大田区議会議員 岡 高志です。
今日は定例会の最終日で、これから本会議が開催されます。

今年度は、私は議会運営委員会の委員をしていますので、議会の細かいところの改善にも力をいれます。

議会はとても公式な場なので、議事録をきっちり作成しなければなりません。WEBでも公開されています。
議事録は正確性だけでなく、迅速性も求められます。
例えば、議案審査を委員会で行いますが、その審議過程のサマリーを本会議で報告しなければならない。議案審査に係る質疑応答を文字起こししてサマライズするのは、けっこう時間と労力が必要です。

そこで、大田区議会では昨年度からリアルタイム文字通訳 e-ミミを一部の委員会で試行実施しています。沖縄に、速記者さんがスタンバイして、大田区議会の端末に文字起こしをリアルタイムで送るものです。聴覚障害の方が傍聴される際の情報保障にもつなげることができる仕組みです。

これまでの大田区議会での議事録作成は、
株式会社 澤速記事務所と契約しまして、本会議では速記者を議場に派遣、委員会では音声データからの議事録の作成をしていただいてます。

リアルタイム文字通訳 e-ミミ を運営する
株式会社アイセック・ジャパンには、昨年度から一部業務の委託をしています。同社ホームページによれば、標準価格は、会議1時間あたり 5万円。全ての会議に導入しようとすると、けっこうな金額がかかりそうです。

こんなことをWEBで書いてますと、当然にあるご指摘は、
音声認識アプリを使うべし!!

地方議員仲間の新宿区の伊藤陽平議員から
UDトーク

をおすすめいただきました。


どういった仕組みが最適なのか、議論してまいります。

大田区議会では、議会のICT化も推進しようとのことで、全議員にiPadを貸与して会議資料の閲覧に供しています。
いままでは傍聴される人には(物理的な制約があって)会議資料が提供されないのですが、これからは会議資料やリアルタイム文字通訳も提供できるようにしたいです。

そうすると、私がいままで
自分の出席した委員会の議事をマメにブログにアップしてきたことも必要なくなるでしょうね。

議会のICT化についても、私は大田区議会ICT化調査・研究会の一員でありますから、デジタルネイティヴ議員(?)としてよりよい方向に推進してまいります。

7D237D7D-1011-41B7-AD3F-7CD22E3D6366.jpg



posted by 岡高志(大田区議会議員) at 09:00| Comment(0) | 選挙制度・議会一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。