2016年11月13日

2017年都議選の展望〜小池新党の影響はどう出るのか

東京都政が、小池百合子新知事の誕生後、脚光を浴びています。
築地市場、オリンピック・パラリンピック、保育園、広尾病院など。
前の舛添知事が、オリンピック・パラリンピックを意識して都市外交に傾倒して墓穴を掘りはじめたことと比べると、堅実なテーマ選択であると思います。

都知事のカウンターパートである、都議会のこの間の動きとしては、
春先から吹き荒れた週刊文春の舛添さんへのスキャンダル報道に、知事与党である自民・公明もかばい切れずに辞任に至り、
知事選では、自民・公明は増田さん、民進は鳥越さんを擁立するも、無党派には全く響かずに、小池さんが大勝するに至りました。
その後は、圧倒的な小池知事の支持率の前に、慌てて豊洲の新市場を視察するなど都政の再点検に追われて、信知事に対して積極的な対案をなすような立場にはいられない状況です。

ある意味、民意に素直な都議会ですが、
来年7月には、都議会議員選挙がやってきます。
そこで、本格的に民意にさらされるのかといえばどうなのだろうか。

地元・大田区から考えてまいります。

そもそも、私、岡高志の来年の都議会議員選挙のスタンスはどうなんだ?

現時点で立候補の予定はありません。
現時点で特定の候補の推薦はしていません。

とはいえ、大田区で政治家をする身として強い関係のある選挙です。
いつものように政党所属でありつつも自由な立場で情勢分析をしますので、ご参考まで。

【立候補予定者の動向】
大田区選挙区は 定数8
すでに、政党の現職・公認候補予定者がでそろっているので、以下記載します。
鈴木あきまさ (自民党)
4期
神林茂 (自民党)
3期
鈴木あきひろ (自民党)
3期
山森ひろゆき (自民党)
1期、2016年補選で当選
一次公認で名前が無かったので、早くも撤退か?【追記2016.12.8】
藤井一 (公明党)
6期
後継候補だった石井真由美氏の立候補辞退を受けて引退予定だった現職が復活【追記2017.1.28】
<
遠藤守 (公明党)
3期
やながせ裕文 (維新)
2期、元・民主党

==========ここまで現職===========

石井真由美 (公明党)
新人、藤井一都議の後継、会社経営
体調不良のため立候補辞退【追記2017.1.28】
藤田綾子 (共産党)
新人、かち佳代子都議の後継、大田病院看護師
佐藤伸 (共産党)
新人、区議
森愛 (民進党)
新人、元区議、2016年補選落選
沢田大作 (民進党)
新人、整骨院経営
須藤えいじ (無所属)
新人、セブンイレブン店員 過去、区議選4敗・都議選3敗
溝口こういち (無所属)
新人、カメラマン 2016年補選落選、区議選2敗

以上 13名。
政党に属していないと、事前の活動が困難なのが現状です。
無所属で候補予定の方がいらっしゃれば、お知らせください。


【前回選挙の分析】
前回2013年の各候補得票数は下図の通り。2013年都議選開票結果のまとめもご参照ください。

0000.jpg


今回は、公明、共産が代替わり、民進現職が転出しました。
候補者は入れ替わったので、政党の得票に着目し、政党別得票を下に示します。
前回あったみんなの党は解散しましたが、その受け皿は維新に向かうものと想定して、維新票にまとめています。さらに、維新票というよりも、改革期待票とみなします。

1111.JPG


【今回選挙の展望】
当選ラインの目安は、2万票といわれます。

自民党は、2016年補選で1議席を増やしてしまい、現有4議席。自民党票をきれいに4分割できれば、4人全員当選もあり得ますが、前回トップ当選ながらセクハラ野次事件で世界的に有名になった鈴木あきひろ都議の得票傾向が読みにくくなるので、票割りは難しい。現職のうち、1人が立候補しない可能性もあります。
補選で獲得した1議席は手放して、3議席を手堅く確保となりそう。【追記2016.12.8】

公明党は、組織政党だけに、前回同様に票割りできるでしょう。

共産党は、単純に考えると共倒れ危機。票を寄せての1議席確保が順当ですが、都議選のひとつの選挙区での複数議席を獲得して、共産党大躍進の象徴となるかもしれません。

民進党も、やはり共倒れ危機にあります。前回の政権陥落直後から、果たして票が伸びるのか。

投票率が前回と変わらなければ、既存勢力はほぼ堅持されることになります。

過去の投票率は、2005年 44.4%、民進党政権交代前夜の2009年 55.5%、2013年 43.4%

今回は、都政に関心が集まっていますので、2009年の55%程度まで投票率は上昇するでしょう。
前回から投票率が10%上がるとするならば、投票数は、6万票上乗せ。

改革期待票は、上乗せされた6万票が小池知事の改革を期待する流れであるので、前回の維新票と合わせまして、計10万票
トップの自民党を軽々と上回ってきます。

知事選挙(投票率 58.1%)で小池知事が15万票得ていますから、あり得ない数字ではありません。
10万票の改革期待票が、きれいに候補者に票割りできれば、4人当選も可能かもしれません。

既存政党の当落分析は覆りまして、4人しか当選できない。

大田区と同じように定数の大きな選挙区で定数の半分を抑えて、都議会全体を刷新することとなります。

改革期待が高まると、一気に既存の議員は追い込まれます。


でも、
改革期待票は組織的な票ではないので、票割りなんて出来ません。
前々回の民主党大躍進の都議会議員選挙では、民主党は大田区で12万票も獲得したのにもかかわらず、候補者4人で2人しか当選させられませんでした。

小池新党が、これから誕生するのか、どうかわかりませんが、改革期待票の受け皿たる候補者を丁寧に擁立して、3人くらいの当選が理想でしょう。
それでも、議会第1党として、小池知事と連動する勢力にはなるでしょう。


もちろん、小池新党という求心力のある存在が前提です。
小池新党が誕生すれば、都政改革に期待する有権者が大きく動いて既存の議会勢力を大きく揺さぶることとなります。
小池新党が戦略的に候補者を擁立するならば、
既存の都議会議員の多くは厳しい民意にさらされることとなるでしょう。


※ 本記事は公職選挙法 第百三十八条の三 で禁止される人気投票の公表ではなく、あくまで 岡 高志 の分析を記事にしたものです。



posted by 岡高志(大田区議会議員) at 09:00| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

大岡山駅 乗り換えでお得なキャンペーン!

ノリカエ キャンペーン


0285067E-DB66-4704-8413-18C89D99AF39.jpg


新たに大岡山駅で開催されていました。


大岡山駅ノリカエの定期券を呈示すれば、商店街で利用可能な500円のクーポンがもらえます。


7CF361D2-03C8-429F-9C9F-F27E3FB18205.jpg



商店街振興企画としては、珍しいと思います。


ノリカエ、なので、大岡山駅で乗り降りする定期は対象外。

つまり、地元民NGなのだが、大田区の税金での助成事業であるのが興味深いです。


助成事業なので、資金に限りもあって、特定日のみ開催で、先着200名限定。

この日は、16時スタートの企画でしたが、18:30の時点ではタマ切れでした。



次回は、12/4土 午後1時〜


タマ切れになる前に、早めに行きましょう^ - ^


次回は、駅前広場に露店が出るほか、東急病院での無料健康診断もあります。

定期券の有無に関わらず、参加できます。


詳しくは、大岡山北口商店街まで。



posted by 岡高志(大田区議会議員) at 23:05| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

福島 原発被害地域の現状2016

8月に福島 原発被害地域の視察ツアーに参加しました。遅まきながら、ブログにまとめます。

避難指示区域は、今夏時点で、下表の通り。
2B77983E-DA6C-4B1F-A5F0-93C071348D7A.jpg
2017年4月までに避難指示を解除、
2018年3月までに月10万円の給付が終了。
仮設住宅の供与もいったんは打ち切られます。
賠償問題が決着していないこともあり、帰還をあきらめることもなく、仮設住宅を借りっぱなしの現状もあります。
避難指示解除に向けて、一時帰宅も進んでいますが、問題は様々です。


DEF7FB2E-6E71-42D9-BAC0-98C8E85CBC6C.jpg
写真は、7月に村役場での業務を再開した飯館村の広報誌より。野菜作るのダメなんですね。戻っても何ができるのか。


さて、原発被害地域のツアーバス、福島駅前からスタートです。

福島市内の放射線量は低いです。
5F6FAA2D-2E25-4943-88C0-4184D9876505.jpg


飯館村にはいると、0.6μSv/hの数値を示します。
31ACCE83-2802-4714-BC09-2CDD0DF59EA5.jpg
除染土壌を詰めた黒のプレコンパックが、そこここに積まれているのが印象的でした。
プレコンパック周辺の線量は高いでしょうとの話。帰還がはじまるとネックになるでしょう。


南相馬市では、福島市内とも変わらない程度。
公園で楽しく遊ぶ親子も多くいたのが印象的でした。
1123132D-FBFE-45E9-A20D-F021D4225174.jpg


浪江町の中心部も線量は低い。
E33C3DBC-68BA-40FB-A1FE-777166A1EE55.jpg

浪江町の請戸地区の海岸に行きまして、
津波で一帯が流されてしまった跡を見ました。
校舎の2階部分にまで津波が到来した海辺の小学校では、とにかく全員が山へと一目散に走って逃げて、全員無事だったそう。
先生方の判断に涙がこぼれます。


双葉町では、バスから降りませんでした。

線量が、6.8μSv/hとひと桁上がりまして、帰還困難区域にいることの緊張感がバスの中にも広がります。バスの中では屋外のモニタリングポストの半分程度の数値をガイガーカウンターが示していました。

F1E9BCB5-0A6A-47FA-80DC-8605E517C681.jpg


大熊町も変わらず、高い線量を示しています。
バスは国道6号線を走行しますが、第1原発に近いところでは、11μSv/hを示しています。
4B607584-9E93-4C35-8D5D-D369BC7891ED.jpg

楢葉町では線量が落ち着きまして、ホッとします。
98875613-34C4-485A-9365-A101EC7A880A.jpg

第1原発周辺はどうなのか?

原子力規制委員会によるモニタリングポストの設置はありません。
1124F5A4-D332-4AF7-B79F-7B0E5E04C0DF.jpg

原発の敷地内は東京電力がモニタリング結果を公表しています。
02763D3D-EC0F-496B-A102-5671A0F9972E.jpg

2818FA43-F10E-435C-B9C6-6E6F011DE8B0.jpg

免震棟に近い事務本館のみ、10μSv/hを超えますが、存外低い数値に抑えられています。

念のため、東京電力のお客さま相談センターに問い合わせしますと、
原発敷地外の線量が高い地域は過去の放射性物質が蓄積されたままだからでは。
原発の建屋外では、防護服を着ていないくらいだ。
とのことでした。


ところで、視察報告なのに、スマホのスクショばっかりです。
実は、写真を撮りためたスマホをトイレで水没させてしまいました。。。
イヤホンジャックはストラップがわりになるんだけど、バッテリーのコネクターはストンと抜け落ちてしまいました。

申し訳ありませんm(_ _)m


posted by 岡高志(大田区議会議員) at 18:05| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

ガラパゴス化する東京都庁

10月14日付都政新報で、元マッキンゼー、元国土交通省の上山信一 都政改革本部特別顧問の単独インタビューの見出しが

都庁はガラパゴス

言い得て妙です。


上山信一氏の主張は概ね以下の点であって、とても納得感があります。

縦割りが強すぎる。その割に本部マネジメントが弱い。

知事のガバナンスが弱い。

情報公開が足りない。

先行投資をしないで基金にお金を積み過ぎ。やるべきことをやると指摘する行政改革が必要。

都職員は意識が高く、真面目に政策を推進している。



都庁に対抗する勢力がないのが問題だと思います。
市区町村は都庁に比較して小さいです。他みたく、県庁所在地とか、政令市がないですから。
議会もドンがどうとかで、ムラ社会だし。

あとは、懸命なる都民が頼りですが、情報公開がなされてないというか、都政の課題が共有されてないと思います。

そういった意味で、今後の都政改革のキーは情報公開による民主主義の深化といえます。




posted by 岡高志(大田区議会議員) at 20:49| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

築地市場の大田市場移転の可能性を探りに・・・

先日の記事で、築地市場は大田区に移転したらどうなんだ?などと言ってますので、あらためて9月26日に、大田市場の視察に行ってまいりました。
758FF650-C366-4A17-A3AF-0EE85ED88716.jpg

大田市場は大きいです。
一緒に行ったメンバーもいたく感動しておりました。まさに、百聞は一見に如かず。

大田市場は大きすぎるので、全体像を写真で表現できないので、いただいたパンフレットを下記引用。
正門を入って、青果棟の中へと向かいます。

368A33B0-F854-4065-8091-62A78505318B.jpg


セリの時間に合わせた早朝の視察です。
人の動いてない市場に行ったって意味ないですもん。

8197DFE3-6ADA-45B8-ABEF-4D1CF870E716.jpg

メロン
様々な等級のメロンを大卸さんが、仲卸さんらの顔色を窺いつつ、値付けしていきます。

EC22A122-B295-4267-BED5-4CE3B539866E.jpg

青果棟を出て、"関連棟"を抜けて、水産棟へ。

"関連棟"は、市場関係者向けの飲食店・物販店が並びます。少し移動してもらって、水産棟の拡張用地にできそうです。

水産棟は、築地に比べると静か。
なんせ、日量300トンの取引量がありながら、1割程度しか使われてません。

43CFEAA9-E987-4114-A3B9-7A68FB616DFD.jpg

水産の仲卸部門。
当然、空きもあります。

おおたの朝獲れ鮮魚といったパッケージもありまして、大田の水産市場の活性化にも取り組まれています。

9CDA16F4-2B32-4284-AD34-A6FD3D226A6B.jpg

仲卸さんとお話ししましたが、
築地市場の大田市場への移転統合は好意的に受け止められていました。


市場会館という名のビジネスホテル跡。
数年前に閉鎖しまして、利用法が検討されています。もちろん、宿泊需要はありません。
平成元年オープンの施設ですから、ちょっとバブルな要素もありますよね。

17D806B0-8797-4E83-A4EA-0344E6D94B8D.jpg

大田市場の場内のみならず、埋立地内は、東京都が地主となる様々な倉庫が立地します。
地主である東京都ならば、市場の拡張用地も確保できるのではないかとの期待も持つことができます。


それじゃあ、豊洲に作った新市場はどうなるの?

区役所でも、区民ホールでも、NPOの活動拠点でも、可能性はあるでしょう。
食品を扱う市場でなければ、ガス工場跡地だからといっても、制約は少ないでしょう。

せっかく、ゆりかもめの駅も近いのですから。





posted by 岡高志(大田区議会議員) at 23:23| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

23区はお金が余っている〜H27決算〜

9月2日に平成27年度 東京都特別区普通会計決算の概要が発表されていました。

昨年も述べましたが、変わらない状況なので、また同じようなことを述べます。

東京の23区の中心的な税源は、区民税です。  
近年は所得が上昇しており、税収増につながっています。  
23区各区では、歳入が歳出を超過する状態が続いています。  

民間企業であれば、歳入が歳出を超過する「黒字」はいいことです。 株主・経営者が利益を分配できます。  
でも、自治体で、歳入が歳出を超過するのは、お金が「余った」にすぎません。  

住民福祉の向上に努めるのが、自治体の責務であって、 今後の住民福祉向上の計画を示すべきでしょう。もしくは、お金が余らないように、税率を下げたっていい。  


歳入歳出差と歳出に対する割合を23区平均でみてみます。  
・平成24年度決算 50億円 3%  
・平成25年度決算 58億円 4%  
・平成26年度決算 59億円 4%  
・平成27年度決算 62億円 4%

23区でお金は余っているようです。

ACADB3C8-66EE-4EA0-A7C1-324805448FDC.jpg
上の表は、各区の昨年平成27年度決算の概要。  

わが大田区が126億円と最も歳入歳出差があります。  

この4年連続で、わが大田区だけが 100億円以上の歳入歳出差が生じています。 
つまり、お金が余っています。  

大田区では、単年度の予算を使い切っていません。 
安く済んだので、余りましたよ。 
ということならOKですが、 
やろうとしたことが全て出来ていない。  

一方で、お金が足りなくなるかもしれないから、要望された事業は計画できませんとか行政は主張しています。   

こうした状況ですので、 区民の皆様、納税者の皆様、  区の財政出動を遠慮なく要望してください。  

もしくは、税率を下げることも主張しましょう。  


posted by 岡高志(大田区議会議員) at 13:52| Comment(2) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

大田市場の周辺に土地が広がっていく?

今回の定例議会の議案であらたに生じた土地の確認議案が提出されています。

東海6丁目と城南島6丁目との間の公有水面を埋め立てまして発生した88,702.16m2の土地が大田区に帰属することになります。
(所有・管理が東京都であることは変わりません。)

対象地は下の写真の通り(Google Mapより)324D8296-E464-4206-A824-2E80EC4B4227.jpg

ちなみに、通常のGoogle Mapでは、まだ海。
将来的には、間をつないでいる橋もいらなくなるそう。
29D3855E-F8F6-414D-B6E4-9C32D7E8260F.jpg


さて、所管委員会で現地を視察しましたので、その状況をご報告まで。

第1期と第2期に工期が分かれてまして、今回は第2期。
785A7DA0-23DF-444C-BD47-EE5144C06BE0.jpg


埋め立て→整地→舗装のステップを踏みます。

今回の第2期は、砂利を敷き詰めて整地が完了した状態。
8EEE36F3-D20F-43A9-9598-E2C33F9AC9C9.jpg
(北東方面、海方向を撮影)

第1期は舗装が始まった段階。
水道インフラも敷設してコンクリート舗装をします。
BB2DE538-2469-4E25-B2F3-5780B9B16A09.jpg
(南西方向、大田市場方向を撮影)


舗装してどうするの?

と言いますと、
コンテナ車両の駐車スペースがあり不足しているので、そのために埋立地を確保しているところ。
コンテナ置場を埋立地上に集めて、コンテナ車両の駐車スペースや通行スペースを確保するとのことです。
AEC2B5B6-E65B-41FF-882F-4C6DE715168A.jpg
(南東方面のコンテナ置場)


さすが、埋立地は大胆に土地を作ることで、必要な場所を確保できます。
今回、あらたに生じた埋立地は、大田市場の目と鼻の先。

築地市場の大田市場への集約に際して土地が必要になった際にも、活用できるのか。

埋立地は地権者・管理者が東京都ですから、中央卸売市場の再編に向けての検討にいかがでしょうか。
posted by 岡高志(大田区議会議員) at 17:51| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

築地市場は大田区に移転したらどうなんだ?

築地市場を豊洲に移転する話が、小池都知事就任以来、論争を呼んでいまして、ついに、11月7日に迫った豊洲移転の延期を小池都知事は、8月31日に決断しました。来年1月中旬の土壌検査結果を検討するまで、判断を待つことになるから、まだまだ築地市場の問題は都政の重い課題であります。
2009年の都議会議員選挙で、旧民主党は豊洲移転見直しも掲げて大勝したんだが、なんだったの?というくらい、政治に翻弄されています。

豊洲の土壌改良も不十分

豊洲整備にお金かけすぎ

豊洲は仲卸業者にとって使い勝手が悪い(参照: 仲卸業を経営する地元区議会議員 渡部恵子さんのブログ

とても、豊洲移転は実現しそうにない。

でも、今の築地市場はとても老朽化が進んでます。築地市場は新しくしなきゃいけないのが、大前提。

さて、築地市場は、東京都の中央卸売市場のひとつであって、その統合・整理によって解決する方法が見落とされています。

現在、東京都には中央卸売市場が11あります。築地、食肉(芝浦)、大田、豊島、淀橋、足立、板橋、世田谷、北足立、多摩ニュータウン、葛西。
CBC1787F-D34D-4F10-AA6F-975D9D67B8FF.gif


築地
取扱数量(平成26年1日当り) 水産:1,676t青果:1,095t
敷地面積230,836m2. 建物面積285,476m2

食肉(芝浦)
取扱数量 食肉:353t
敷地面積64,108m2 建物面積94,398m2

大田
取扱数量 水産:33t青果:3,623t花き:288万本
敷地面積386,426m2 建物面積298,313m2

豊島
取扱数量 青果:360t
敷地面積23,334m2 建物面積20,281m2

淀橋
取扱数量 青果:881t
敷地面積23,583m2 建物面積40,067m2

足立
取扱数量 水産:67t
敷地面積42,675m2 建物面積26,354m2

板橋
取扱数量 青果:480t 花き:56万本
敷地面積61,232m2 建物面積51,378m2

世田谷
取扱数量 青果:163t花き:81万本
敷地面積41,482m2 建物面積65,302m2

北足立
取扱数量 青果:596t花き:57万本
敷地面積 61,076m2 建物面積77,823m2

多摩ニュータウン
取扱数量 青果:86t
敷地面積57,153m2 建物面積19,895m2

葛西
取扱数量 青果:496t花き:68万本
敷地面積74,515m2 建物面積59,396m2


大田市場が敷地面積最大でありますが、水産の取扱数量が微々たるもの。水産市場は築地、ということで、大田市場の存在感が弱いのですが、キャパシティはあります。

卸売市場を経由しない取引は増えてきていまして、そんなこともあって、築地市場の水産の取扱数量は、統計のある平成14年と比べて平成27年は68%に縮小しています。

F19CED8C-0E92-4C8C-8336-089C37225ECC.jpg

市場の縮小・統合も検討の価値があります。
築地市場は、大田市場に集約してはいかがでしょうか。
既存の市場に集約するのであれば、整備コストは最小化されます。豊洲新市場の建築面積は、119,000m2にすぎません。

築地市場は銀座に近い強みを発揮して、日本の食文化を支えてきたとのプライドがあります。豊洲に移転して、徒歩圏から離れてしまうのであらば、大田市場でもアクセスはさして変わらないのではないでしょうか。大田市場は、高速道路網へのアクセスも良いし、JR東日本が計画する羽田空港アクセス新線の線路も地下に通ります。
そもそも、空港に近いのは物流上での大きな強みです。
都民負担を過大にしないためにも、大田区から代替案を提起してまいります。

ちなみに、築地の場外市場はどちらにせよ、そのまま残りますから。


【ご参考】築地市場移転の経緯

昭和60年代に入り、施設の老朽化・過密化が著しくなったため、築地市場の再整備事業を推進することとし、仮設施設等を建設しました。しかし、工期、建設コスト、基幹市場としての機能維持の視点から見直しを行うことし、「現在地再整備」と「移転整備」を比較検討の結果、平成11年(1999年)11月、移転整備へと方向転換することとしました。そして、狭隘化が著しく、流通環境の変化に対応できない状況等から、平成13年(2001年)12月に策定した第7次東京都卸売市場整備計画において、豊洲地区に移転することを決定しました



posted by 岡高志(大田区議会議員) at 06:14| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする