2017年03月25日

ついに築地市場の大田市場への移転・統合が正式に俎上に 〜「市場のあり方戦略本部」設置

こんばんは。大田区議会議員 岡 高志です。
地元の大田市場の強みがわかる大田区議会議員として昨年9月に書いたブログ築地市場は大田区に移転したらどうなんだ?が大きく拡散されました。
東京都のお役所では実現性の低い話だったようですが、今月に入ってメディアで大田市場移転案が第三の道と再び取り上げられていまして、このほど、
小池百合子知事が「市場のあり方戦略本部」を立ち上げると発表されました。

トップは、中西副知事。メンバーは、中央卸売市場だけでなく、官房の3局、政策企画局、総務局、財務局、ほかに関係する局もテーマに応じて加わります。
市場全体の将来的なあり方を検討することになります。
築地市場を豊洲市場に移転する or 移転しない、この2者択一からようやく離れて、東京都の中央卸売市場全体の再編論議が始まるようです。

卸売市場を経由しない取引は増えてきていまして、そんなこともあって、築地市場の水産の取扱数量は、平成14年と比べて平成27年は68%に縮小していました。
小池知事もそうしたファクト、まさに物流に目を向けて、改めて市場経営に乗り出すものと評価します。

A5537C31-5B84-46FD-A756-FD382AF713A6.jpg

正式に検討されれば、大田市場移転案が最有力になるでしょう。
明確に強みがあります。

■ 築地市場を上回る38haの敷地規模があり、水産市場がある。
大田市場周辺も東京都の所有地は広がっています。所管の東京都港湾局の関与でさらに市場用地の拡大も期待されます。


■ 既存の建物でも、キャパシティがある。
現状の取引量が、想定される取引量の1割程度にとどまっています。
先日、水産棟の2階を見ましたら、実際、空室があります。(仲卸の川上の)卸業者の移転ができそうです。
C7A1DB56-86FB-4DC6-8EF5-0FB15BAA4DF2.jpg

■ 土壌汚染リスクが無い。
昭和40年代に浚渫土による埋め立てでできた後、利用されていない土地です。

■ 物流の立地がたいへん優れている。
首都高湾岸線、羽田線のインターも近接。中央環状線が大井までつながりましたから、都心を通らない物流が可能です。羽田空港も至近。
電車は不便ですが、地下にはJRの貨物線が通ってます。JRの貨物線は、羽田空港アクセス線の整備計画がありますから、駅直結の可能性もあるでしょう。

■ 住宅地に近接していない。
多くの車両が出入りする市場にとって周辺住民の反発はつきものですから。



小池知事の頭の中でも、大田市場が最有力ではないかなあと、参考までに小池知事の発言を一部引用します。
小池知事「知事の部屋」/記者会見(平成29年3月24日)


【知事の発言】
豊洲、築地のみならず、全体的な形で、市場がどうやって、今後うまく回っていくのかどうかと。物流が大きく変わっている中で、どうあるべきなのかということで、まさしく戦略の部分が大きいと思いますので、「市場のあり方戦略本部」ということを立ち上げたい。

【TBSの質問への知事の答弁】
市場というのはこれまでは移転、築地の老朽化に伴いという話でもう長年議論されてこられたわけでありますが、それは場所の問題だけ、だけというと失礼ですけれども、場所の問題というのがまず第一義的にあって。この間の物流の変化というのは、もう20世紀と21世紀に、もしくは19世紀と20世紀の違いぐらい、生じているのではないかというのが私の認識であります。 ということは、これから市場のあり方そのものが、どう物流をにらんで進めていくべきなのか、そして、そういう物流の変化がある中で、市場がどういう魅力が必要なのかとか、そういった部分で議論をしていかないといけないというのが、私は本筋だと思っております。 だからこそ、まさしく産業が、物流が大展開しているところにおいて、この市場という問題、具体的な問題を東京都は現在抱えている、直面しているわけでございますから、ここできちっとした戦略を持たずに、「点」の観点だけでやっていくと、結局、それが後で大きな課題になるのではないかということでございますので、今、実は大変重要な時期だという認識のもとでこの戦略本部を置きたいと、このように思っております。
posted by 岡高志(民進党) at 01:28| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

街宣活動 3月, 2017年

3月の街宣活動

3月6日 朝の駅頭@大岡山駅
3月8日 朝の駅頭@田園調布駅
3月10日 朝の駅頭@蒲田駅東口
3月13日 朝の駅頭@長原駅
3月22日 朝の駅頭@大岡山駅
3月23日 始発から終電までマラソン駅頭@大森駅



80C5853F-26B0-48DF-B02B-D5F36BC86398.jpg

D7B20763-B76F-445A-959E-CAE0B56A9AFA.jpg


posted by 岡高志(民進党) at 21:22| Comment(0) | 政治活動_街宣活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

保育園で悲しいコスト削減〜姫路市の認定こども園認定取消へ

おはようございます。
大田区議会議員 岡高志です。

兵庫県姫路市にある認定こども園で
給食の量が少ない!
暖房があまりついてない!
といったことがテレビのワイドショーで報じられてました。
認定こども園の認定は取り消される方向です。
わんずまざー保育園は、姫路市|平成28年度 姫路市教育・保育施設一覧によれば、個人立の保育園。
47D07C5B-5250-45EC-8F98-8CF2E2D27E54.jpg

同じ姫路市所在の保育園などを運営する社会福祉法人夢工房では、保育園での収益を理事長一族が私的流用していたといったこともありました。

保育園利用者であるチルドレンファーストの理念に立って スタッフ、食事、設備、環境は提供していただかないと困ります。
子どもは自分の状況を正しく伝えられないかもしれませんから、保護者の方もアンテナをはっていただいて、保育園の現状を把握して、
保育園に課題があれば行政や議会に伝えてください!

おおむね保育園の売上は税金が原資です。


【追記】
詳細な報道をみますと、
同園は市が認めた正規の定員として園児46人を受け入れ。これに加え、保護者と直接契約して22人を保育していた。正規の場合、利用料は保護者の所得などに応じて市が決めるが、22人分は同園が園児1人当たり月額2万〜4万円を独自に設定していた。


つまり、定員超過分は補助金がない。
(保育士数の水増しで補助金を詐取してそうですが。)
申し込みがあったから、採算意識もなく、子どもを受け入れてしまったのだろうか。

個人経営だからのずさんさなのかもしれません。




posted by 岡高志(民進党) at 09:11| Comment(2) | 子育て・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

羽田空港のある大田区からギャンブル依存症対策を考える

こんばんは。
大田区議会議員 岡 高志です。

昨日は臨海都市大田区の魅力にふれました。
大田区には港がある。海だけでなく、空の港。日本最大の羽田空港が立地します。

三連休には、羽田フェアと称して、国際グルメ・舞踊・ワークショップのイベントが開催されてました。なかでも集客力があったのが、

羽田ナイトカジノ体験
44EDD182-E734-4536-B5B3-3DF35686539D.jpg

ルーレット、バカラなどのテーブルゲームが体験できる無料イベント。
チップにはなんの換金性もありませんが。

サイコロゲーム ビッグスモール
ED0561AB-E28B-4208-A86D-01D6D5090FF1.jpg

ビッグシックス
03D2E3AE-CE98-42C0-B1C9-F2DC55419E9D.jpg

無料ということもあって、ゆるく楽しく遊べます。

わざわざなんでカジノ体験イベントをやっておるのだろう?
さては、大田区にカジノでも作ってひと儲けしようとの勢力があるのか?
そうであれば、72万人の大田区民にカジノ設置の是非を問おうではないか!

大田区に設置されないまでも、カジノが近隣自治体に設置されるのであれば、他人事でもなく、ギャンブル依存症対策に取り組まなければなりません。

昨年末にカジノ設置を認めるIR法が成立しています。それで、国内でもカジノ設置の動きが進んでいます。

ギャンブル依存症対策も必要です。ギャンブル依存症は、借金、失業、家族離散、虐待、子どもの貧困、生活保護、などにつながる可能性があります。自治体議員として、ギャンブル依存症対策は極めて重要です。
ギャンブル依存症対策地方議員議連を立ち上げて、私も議論を深めております。


さて、空港内を見回すと、新しくオープンする韓国のカジノの広告
2123C6D9-E967-4AA7-AE7F-3BA6E78506D7.jpg

日本にカジノを作って、日本人のお財布をカジノへ引っ張るまでもなく、アジアのカジノへは羽田空港からひとっ飛び。

格安レートなら往復2万円ですむ航空代金をカジノ側が持ったとしても、カジノの収益で十分に回収できるのだなあと妙に納得。

国際空港があると、気軽にギャンブルに行けるのです。

大田区内には、競艇場、ぱちんこ店、宝くじ売場もあって、カジノだけじゃありません。

日本では成人の20人に1人がギャンブル依存症の可能性があるといわれてます。
ギャンブル依存症対策に取り組んでまいります。



おまけ
3DAB126E-7A54-48DB-AB27-7EE12ABF3599.jpg
羽田空港国際線ターミナル5階の片隅にあるフライトシュミレーター体験コーナー
1回200円で楽しめます。

ギャンブル依存は、他に楽しみがないから、というのもひとつの原因。

羽田空港で、飛行機を見たり、飛ばしてみたり、楽しんでみてはいかがでしょう。


posted by 岡高志(民進党) at 22:56| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

大田区から海釣りへ〜東京湾の魅力を満喫

こんばんは大田区議会議員 岡 高志です。


昨日は大田市場についてもふれました。

大田市場を含めて大田区は海に面した自治体としての魅力もあります。


今日は、品川・大田地域観光まちづくり推進協議会主催の海釣り大会に参加しました。

東京湾での海釣りは私は初めて。

都会的な海辺の景色に心踊りました。



ふるさとの浜辺から出航8E51947E-1C9D-456F-9064-CD9F8F016A3E.jpg


海から見る大田市場、特に、魚市場エリア

FE5F23AD-F7A4-4C60-9DD8-A0770B61A098.jpg


羽田空港C滑走路から飛び立つ飛行機

CD3DDEEB-B474-41B2-A4EA-3804E6C050C8.jpg


羽田空港D滑走路から飛び立つ飛行機 via Instagram





気軽に楽しめる半日レジャーとして、海釣りは楽しい!

大田区臨海部へのアクセスを充実して、幅広い魅力を満喫できる大田区にしたいです。



posted by 岡高志(民進党) at 22:47| Comment(0) | まちづくり・交通・環境・防災・防犯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

祝!11区が誕生70周年!そして岡高志は41周年!

今日は、築地市場移転問題に関連して大田区に所在する大田市場がテレビ朝日「スーパーJチャンネル」で取り上げられてまして、私もインタビュー映像で登場しました。大田市場の存在がアピールできたことに地元議員として満足してます。

さて、大田区は今年3月15日に70周年を迎えました。
そして、私 岡高志も3月15日生まれで41歳になりました。
そんな共通点があるので、私は大田区が70周年を迎えることを知ってるわけですが、ふつうの区民の皆さんは区制70周年とかご存知でしょうか?

A9D1EE49-73E7-4342-AA63-C30C2FFF20BE.jpg
写真は大田区議会の議席。年齢が議席番号に追いついたのです^ -^)

実はこの3月15日が70周年記念日なのは、大田区だけではありません。

千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、北区、そして、大田区の11区が70周年記念日。
議員の友人達がFacebookで70周年を祝ってたので気づいた次第です。
70年前の1947年に東京23区が再編されました。
旧35区が22区に。
大田区では、大森区と蒲田区が一緒になって大田区。
ちなみに、8月1日に練馬区が板橋区から独立して、23区ができあがりました。

自治体の周年イベントの必要性は理解しませんが、区民の皆さんとって魅力的な大田区であるように、引き続き働いてまいります。



posted by 岡高志(民進党) at 22:58| Comment(0) | 政治日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

豊洲市場、築地市場、さて、大田市場の土壌汚染リスクは?

大田区議会議員 岡 高志 です。
大田市場の土壌汚染リスクについて、先日の大田区議会での質問の機会に区に確認をしました。

(動画は7分ごろから)

豊洲市場の地下水調査で環境基準を大幅に超過するベンゼンが検出されたことがわかり、一方で、築地市場ももともとクリーニング工場があったため土壌汚染の可能性があると報じられました。
東京の中央卸売市場の信頼性が揺らいでいる中で、大田区東海にある大田市場の機能強化が取りざたされていますので、今さらながら、大田市場の土壌汚染リスクについて確認します。

大田市場の所在する大田区東海は昭和40年代に浚渫土によってできた埋立地です。

【Q】埋め立ての後、大田市場が設置される前はなにがありましたか? 

【A】野鳥公園に隣接した市場計画予定地であり未利用の土地でした。


大田市場の土壌汚染リスクはないものと安心します。

東京都の中央卸売市場についての懸念の解消の一助になればと思います。



posted by 岡高志(民進党) at 22:04| Comment(0) | まちづくり・交通・環境・防災・防犯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蒲蒲スカイパーク構想 〜 新しい蒲田のまちづくり提案として

大田区議会議員 岡 高志 です。
大田区のまちづくりの長年の懸案として、JR・東急蒲田駅と京急蒲田駅の間が離れていて不便であることがあげられます。

800メートルほど離れてますから、歩いて乗り換えするのがちょっと遠い。
ついでながら、飲食店街を通り抜けるのが歩きにくいとも言われます。

そこで、鉄道を通す『蒲蒲線』構想が常に語られます。総額費用・費用負担がまだわからないので、私はあまり積極的ではありません。詳しくは、過去記事新空港線「蒲蒲線」についての 岡 高志の立場まとめをご参照ください。

わずか800メートルですから、地下鉄を引くよりも、動く歩道でつないではどうでしょう。
蒲蒲間の空中空間に動く歩道とともに空中公園を整備する
蒲蒲スカイパーク構想を提案します。
F7682CA6-49BD-42C9-B2E5-B3D55E278362.jpg11分40秒からが蒲蒲スカイパークについての発言です。

空中を緑やアートで埋め尽くすくらい魅力ある空間にします。
マンハッタンのハイラインのように。 

蒲蒲間のワクワクするランドマークになります。 
これによる蒲田のブランドイメージの向上たるはプライスレスでしょう。




議会で区に質問したところ、鉄道の推進が優先とのことでしたが、
最新の蒲蒲線整備案は、東急多摩川線蒲田地下駅を京急蒲田地下駅に延伸させる案。
すなわち、地下に潜って上ってくる経路が余分にかかる。
であれば、
東急駅と京急駅の高さレベルの空中に動く歩道を通した方が、速達性が高い。
地下鉄を掘るよりも、空中公園を作る方がコスト抑制できる。

地下鉄整備よりも、蒲蒲スカイパーク構想が合理的ではないでしょうか。


posted by 岡高志(民進党) at 21:20| Comment(0) | まちづくり・交通・環境・防災・防犯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする